非常食のサブスクリプション「yamory」 いざという時のために…

みなさん、日々防災の備えはしていますか?

地震大国と言われるこの日本では毎日のように地震が発生しています。いつ、大地震に見舞われるかわからないですよね。

そんな時のために、防災グッズを用意しておくことが必要ですが、きちんと準備していますか?水や食料、毛布の準備は万全ですか?

今回はいざという時のために、非常食をサブスクリプション(定期購入)できるサービスを紹介します!

ABOUTこの記事をかいた人

映画ライター兼大学生。1996年生まれの22歳。好きな映画は"無伴奏"、"Das boot(Uボート)"。戦争映画、ドキュメンタリー、SFのジャンルを好む。映画の他にもアニメ、ドラマなどの作品コラムも執筆。 映画を楽しむコツは"前知識を蓄えた上で観ること"。と、どんなジャンルの映画でも"コーラとポップコーンを欠かさないこと"。

    非常食の定期購入”yamory(ヤモリ)”

    yamoryとは、地震や津波のような緊急事態の際に必要な、非常食を定期宅配してくれるサービスです。

    「yamory」はヤモリ。家を守ると言われ、
    古くから日本人に親しまれていたヤモリ(家守)が名前の由来です。
    yamoryは、非常食の定期宅配サービスをはじめ、その他様々な活動や商品・サービスを通じ、
    「防災」という堅苦しくて取っつきにくいテーマを、身近で楽しくてかっこいい、
    そんなものに変えていこうと考えています。出典:yamory公式サイト

    yamoryはこのように、家を守るという意味の「ヤモリ」からきており、防災を身近なものにしようとする、サービスです。普段、防災の事を意識しても、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉があるように、すぐに忘れてしまうものです。

    せっかく意識して防災を心がけても「天災は忘れた頃にやって来る」というように、天災はいつ来るかわかりません。だからこそ、普段から防災について意識を持たなければなりません。

    このyamory(ヤモリ)は、

    yamoryが提供する非常食定期宅配サービスは、
    「切らさない」
    「忘れない」
    「無駄にしない」
    という観点から成り立っています。出典:yamory公式サイト

    このように、半年に一度、定期的に宅配する事で防災意識を改めて見直すきっかけになるサービスです。宅配された非常食を取り出しやすい玄関に置いたり、非常食と一緒に毛布や水、手回しで発電できるラジオを準備したり、半年に一度、もう一度防災の心がけをしてみてはどうでしょうか?

    非常時には3日間生き延びることが大事。

    被災時にどこかに閉じ込められたり、ライフラインが止まってしまった時、3日間生き延びることができれば救助が来たり、ライフラインも復旧すると言われています。yamoryもそこに着目し、1日3食×3日分の食料が備蓄できるコースをご用意しています。出典:yamory公式サイト

    非常時には3日間生き延びることが大事です。その期間の非常食をサブスクリプション(定期宅配)してくれるサービスがyamoryです。

    内容も従来、イメージされていた乾パンやビスケットではなく、お米やレトルト食品となっています。というのも乾パンなどは栄養価が高い一方、水分を必要とします。非常事態の際に、特に大切なのは水です。

    水なしでは5日も生きていけない 出典:水大事典(サントリー)

    とあります。というのも人間の体は50~75パーセントは水でできており、体重の約2パーセントの水分を失うだけでも人体に何らかの影響を及ぼします。非常事態の時には水をきちんと摂取するためにも、yamoryはレトルト食品を中心に用意し、特に水分を一緒に摂取できるおかゆなどをラインナップしています。

    ライフスタイル、必要性に応じて2日、3日、5日というコース設定

    コース名 価格 特徴
    ベーシック2000 4,320円(税込)

    2,000円×2回配送

    2日分のコース。食べる量が少ない方や、節約したい方にオススメ。

    ご飯4食

    おかゆ2食

    レトルト4食

    水500ml 4本

    スプーン1本

    ベーシック3000 6,480円(税込)

    3,000円×2回配送

    基本分の3日分。3日間重要な栄養が取れる。

    ご飯6食

    おかゆ3食

    レトルト6食

    水500ml 6本

    スプーン1本

    ベーシック4500 9,720円(税込)

    4,500円×2回配送

    5日分の内容。万が一の時のためにおすすめ。2人暮らしにも。

    ご飯10食

    おかゆ5食

    レトルト10食

    水500ml 10本

    スプーン1本

    yamoryで選べるコースは3種類あります。1つはベーシック2000(2日分コース)です。このコースは大人1人で2日分の非常食が入ったコースです。内容も飽きがこないように、おかゆ、中華丼、親子丼、カレーというようなラインナップになっています。

    ベーシック3000は大人1人で3日分の非常食のコースです。これは一番オーソドックスなコースで、これがあれば緊急事態にも安心ですね。

    そして、ベーシック4500は大人1人で5日分の非常食のコースです。このコースは大人2人で2.5日分と、2人用としても便利ですね。5日もあれば、とても安心でしょう。

    これらのコースは1回の注文で2回に分けて配送されます。上の非常食を半年に一度、年に2回配送されます。

    半年に一度、防災意識を見直して、非常食を「何にもなかったね」と言いながら食べる。このように、定期的に防災意識を改め直すことで、緊急事態にも落ち着いて対処することができるのではないでしょうか。

    yamoryは防災のサブスクリプション(定期購入)

    yamoryは1度の購入で年に2度、半年に一度非常食を宅配してくれるサービスです。日本のような「いつ地震が起きても、天災が襲ってもおかしくない土地」に住むわたしたちは普段から防災の備えをしておく必要があります。ぜひ、この機会に防災について改めて理解を深める必要がありますね。

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画ライター兼大学生。1996年生まれの22歳。好きな映画は"無伴奏"、"Das boot(Uボート)"。戦争映画、ドキュメンタリー、SFのジャンルを好む。映画の他にもアニメ、ドラマなどの作品コラムも執筆。 映画を楽しむコツは"前知識を蓄えた上で観ること"。と、どんなジャンルの映画でも"コーラとポップコーンを欠かさないこと"。