【期待の新サービス】ReduceGOについて調べてみた!評判・使い方

みなさん、毎日ご飯作るの大変じゃありませんか?

私は毎日家事をして育児をして、そして仕事をするという毎日なのでご飯を作るのがとっっっても大変です!本当に大変なんです!

こんな悩みを持っている主婦の方多いと思います。毎日外食だったらって…思ったこと何度もありますよね。はあ。大変ですね、毎日。

月額1,980円で余剰食品をテイクアウトできたら嬉しいですよね?

えっ、何ですって?月額1,980円で余剰食品をテイクアウトできたら嬉しいですって?????

そんな夢のようなこと…実はあるんです!2018年にリリースされたReduce GOというサービスを使えば月額1,980円で余剰食品をテイクアウトすることができるんです。ということで今回は、このReduce GOを説明しますね!

どんなサービスなの?

Reduce GOは月額1,980円を支払うことで1日2回まで近隣の飲食店の余剰食品をもらうことのできるサブスクリプションサービスのことです。Reduce GOと契約した東京都23区32店舗(2018年5月現在)から食品をテイクアウトすることができます!

余剰食品とは?

余剰食品といっても完全にお店で食べられなくなったものということではありません。例えば、仕込み過ぎて余った食品や、天候不良で客足がこれ以上見込めないために余剰食品として扱われるものビュッフェ形式で残ってしまった食品などが余剰食品となります。店舗によってはランチでしか出ない食品もあります。そういったものをテイクアウトできるのがReduce GOなんです!

どんなお店が加盟している?

現在Reduce GOでは東京都内23区限定で32店舗の余剰食品をテイクアウトできます。

その中にはベーカリーや、バー、カフェなどが多く契約しています。

加盟店① boulangerie convivialite

※写真はイメージです

ブーランジェリーとパン・ケーキ

自家製のルヴァン種などの天然酵母を使ったパンが売りのお店です。定期的にケーキ・パン教室を開催しており地域のコミュニティとしても人気。笹塚駅から徒歩4分。

加盟店②Bread&cake factory hosoyama

※写真はイメージです

こだわりの食パン!本所吾妻橋駅から徒歩10分!

「こだわりを出さないこだわり」とあるようにこのお店の魅力はクセのないパン。誰が食べても美味しい!というようなパンを提供しています。本所吾妻橋駅から徒歩10分。

加盟店③THECOFFEESHOP ROAST WORKS

※写真はイメージです

富ヶ谷のコーヒー屋さん。何がテイクアウトできる?

渋谷区富ヶ谷のコーヒー屋さんもReduce GOでテイクアウトできます!アクセスも駒場東大前から徒歩で13分、代々木上原駅からも15分とお散歩がてらテイクアウトしてみては?

と、まだまだ加盟店は増えている状況です。現在、Reduce GOは東京都23区内のみでの利用ですが今後の発展に期待ですね!

Reduce GOの使い方!

食べたいメニューを選択!そして注文するだけ!

以上で注文完了です!わずか2タップで注文できちゃいました!

思った以上にスムーズですね!これなら簡単に使えそうです!しかもGPSを使っていて近くのお店を表示してくれるのでもらいにいく時間も節約することもできますね!

Reduce GOを使うメリットとは?

①月額1,980円なので食費を浮かせることができる!

一番の理由はこれですよね、食費を浮かせることができるということです。月額1,980円ということは1日に換算すると約66円になります!1日約66円ですよ!?

それでしかも1日2回までテイクアウトすることができます。1日2回必ずテイクアウトしたら1食約33円という計算になります。かなり節約効果が期待できますね。

②新しい飲食店と出会える!

いつも外食は家の周りにある行きつけのお店。という方も多いのではないでしょうか?私も子どもを連れて行くとなると行けるお店は限られていて…

という人にReduce GOはおすすめです!Reduce GOはテイクアウトなので子どもの心配をすることもなく、美味しい料理だけを楽しむことができます! しかも、そのお店が気にいれば再び行ったりと新しいお店に出会うこともできちゃいますね!

Reduce GOを使うことで社会はこう変わる!

経済産業省の発表によると、日本では食べられるのに捨てられてしまっている食品(食品ロス)が、年間で642万トンあり、国連が食糧難に苦しむ国々に援助している総量(320万トン)のおよそ2倍の量になります。背景には、実際に必要な量よりも多くの食品を生産、発注することが当たり前になってしまっているという実態があります。
出典:「【60秒解説】642万トンの食品が廃棄」2015年10月21日 経済産業省発表

今、日本をはじめとする世界では「フードロス」という問題が深刻になりつつあります。日本で多くの食品廃棄がなされているのに飲食店食品を対象にした一般車向けサービスがありませんでした。ここに目をつけたのがReduce GOです。

このReduce GOを私たちが使うことで日本の食品廃棄が減って行くという未来も見えてきますね! しかもこの売り上げの2%が募金という形で社会活動団体へ寄付されます!

 

こんな不安も?Reduce GOの心配点

①店舗数の少なさ

まだサービス開始したということもあり、現在は東京都内23区で32店舗のみ。まだまだ地方には広がっていないサービスと言えるでしょう。ただ、これは時間の経過、サービスの浸透とともに店舗数も拡大することが予測されます!

②食品の品質保持

これはユーザー、店舗ともにテイクアウトする食品を確認することが必要ですね。例えば、アレルギー表示や品質によって私たちユーザーが病気になることもあり得ます。なので食品を受け取る時は

  • アレルギー表示が適切か
  • 賞味期限を確認する

と言った予防策を取る必要がありますね!食品ごとに「アレルゲン表示」、「原材料表示」、「賞味期限」などが記載されていますのでしっかりと確認をしましょう!

Reduce GOの評判、口コミ!こんな意見も!

実際に余剰食品を受け取った人たちは?


Reduce GOを使うことで新しいお店の開拓が実際に行われていますね!美味しそう!!


こちらでも余剰食品を楽しんでいる様子が伺えますね!

こんな口コミも…

評価:★★☆☆☆

んー、東京都以外にも加盟店が増えたら再インストールします。(Google Playストアより)

評価:★☆☆☆☆

お店が少なすぎる。しっかりと地盤を固めてから出して欲しい。試みはとても良いと思うから尚更に。(Google Playストアより)

評価:★★★☆☆

コンセプトはいいと思うのですが店が少なすぎる…営業担当さん頑張ってください。東京以外にも対応されたら教えてください。使います。(Google Playストアより)

と、やはり目につくのは店舗数の少なさ。現在Reduce GOは東京23区内限定での運用となっており、そのことに不満を持つユーザーがとても多いと感じました!コンセプトが良いだけに、さらなる拡大を期待したいですね!

シミュレーション!Reduce GOはこう使う!

ではReduce GOを使うことでどのようなことが起きるでしょうか?僭越ながら私の日常に照らし合わせてシミュレーションしてみようと思います!

06:00 起床。ドタバタの朝!

私が起きるのは毎日朝6時。起きると同時に顔を洗い身支度もそこそこに朝ごはんと夫のお弁当を作ります。お弁当には基本的に夕飯の残り+冷凍食品。前日に炊いておいたご飯を弁当に詰め、おかずを盛り付けてっと。そうしてるうちに夫が起きてきます。

夫が起きると朝ごはんの支度。そして子どもの食事も用意します。そうしてるうちに保育園に行く時間が。行きは夫に任せて私は自分の支度&出社準備。朝からバタバタ大忙しです…

09:00出社。しまった!お弁当忘れた!

なんとか出社時間ギリギリにオフィスに到着。フーッとため息をついてなんだかそわそわ。何だろうと思っていながらカバンを見ると無い!私のお弁当が!そう、自分のお弁当を作り忘れちゃいました。

でも、そんな時、使うのがReduce GO。アプリを開いて今日の余剰食品をチェック。まだ朝だから無いよな〜と思いつつ眺めているとあった!1つだけ!良かった〜、これでお昼が食べられる。アプリ内でメニューをタップし、注文完了♪

12:00お昼休み 余剰食品を受け取りに行こう!

忙しかった午前の業務から解放されて待ちに待ったお昼休み!今日テイクアウトするのはオフィスから歩いて10分のところにあるカフェ。往復20分で休み時間の1/3を使うけど天気がいい中を散歩するのは気持ちいいですね! 事前に注文しておいたからスムーズに受け取り完了!

17:00退社 これから子どものお迎え!

17時。今日は定時に上がらなきゃ。今日は私が迎えの担当です!会社を出て電車に乗り最寄駅へ向かいその足で保育園へ向かいます。その帰り1日遊びまわったのか背中で眠る我が子をみているとなんだかんだ忙しいのも幸せだなって思ったり。家に帰る途中に寄ったスーパーでもずっと眠っていました。

22:00夕食終わり、子どもを寝かしつけ夫婦水入らずの時間

久しぶりの夫婦水入らずの時間。最近忙しくてあんまりまともに会話できなかったので何だか妙に緊張します。結婚して何年も経ってもやっぱり緊張しちゃいますよね!?何でなのかわかりませんが…

ビールで乾杯。く〜っ!1日の終わりに飲むビールは最高ですね。でも、何か足りない…あっ、そうだおつまみだ!

(サンプル画像)

でもReduce GOなら大丈夫です。アプリで2タップで注文完了。幸い、家から数分の飲食店に余剰食品がありました。さっと小走りでそのお店へ。閉店間際でしたがアプリで注文していたのでスムーズに受け取り完了。早くビール飲まなきゃ!

〜〜〜というような使い方だってできますね!他にも

  • 夕食の+1品が欲しい時に
  • 美味しいお昼ご飯を食べたい時に
  • ご飯を食べてもまだお腹が空いている時に

というように、ライフスタイルに合わせてReduce GOを活用することができます!

【簡単】Reduce GOの登録方法!

Reduce GOは現在、IOSアプリとAndoroidで利用することができます!ここではIOSアプリを例に実際に登録まで説明します!

①アプリをダウンロードしたら起動!

このようにアプリの画面が出てきたら「新規ユーザー登録」をタップしてください。年齢や最寄駅を登録します。

②画面の指示に従って登録登録!

この画面が出たら指示に従い記入をしていきます。さくさくっと進みますよ♪

③月額1,980円!食品ロスを減らそう!

ここで購入すれば登録は完了します!この購入はスキップすることができますので実際に周りにどれくらいのお店があるのか確かめた上で購入する方が良いと私は思います!

まとめ

月額1,980円で1日2回まで余剰食品をテイクアウトできる

アレルギー表示などユーザー自身で確認を

登録は簡単。ただ店舗数が少ない…

 

Reduce GOは使い方によっては家計を助けてくれたり、一人暮らしで偏りがちな人にとっては栄養のある食事ができたりとライフスタイルに合わせて使い分けることができます!今年の4月にサービスがスタートし、まだまだこれからのサービスです!ぜひ、ダウンロードして余剰食品をテイクアウトしちゃいましょう!