映画『カメラを止めるな!』はつまらない!?評判は?動画配信はいつ?

Amazon

『カメラを止めるな!』はただのB級ゾンビ映画じゃない、熱いヒューマンドラマだった!
(by筆者)

はい、というわけで先日映画館で「カメラを止めるな!」を観賞してまいりました。
(以降”カメ止め”表記)
どうやらゾンビものらしい、ロングラン公演だ、やたら評価が高いという大分アバウトな前情報のみで観賞してきたのですが、
えっ・・・めっちゃいいやん・・・!(悲しいレベルの語彙力の無さ)

カメ止めはざっくり2部構成になっています。
キャッチフレーズは「最後まで席を立つな。この映画は2度はじまる。」
まさしくこの通りでした!はっきり申し上げますと、1部のみの観賞だと完全にB級ゾンビ映画です。
最初はえっもう終わり?と完全に肩透かしを喰らった気分に・・・。

がしかし、しかしですよ!

2部を観賞すると、1部でのあれやこれやがスッキリ!意外と伏線が多いんです。
あのシーンの意味、このシーンの理由、全てがわかるとまあ〜スッキリしました。
この人何してんの?ってところはよく見ておいてください。

ちょっと本旨と違いますけど、目に見えるものが全てではないと実感しましたね。
四角い画面の中だけでは、分からないことがある・・・。フレームの外にも物語があるんです!

そんなカメ止めが2018/12/5からお家で観れちゃうとのこと。
これを逃す手はありませんね・・・いや観るしかないっしょ・・・。

という訳で、お家で観賞する方法や、たまーに見かける「つまらない」という口コミは本当なのか!?といったことをつらつらとご紹介します〜。
寒空の下、熱いゾンビ映画はいかがですか。

ABOUTこの記事をかいた人

しがないオタクライター。2018年、某映画によりめでたく安室の女と化した。アングラ、サブカルが好きでよくひらひらした服を着ている(が、最近体力の低下により頻度も低下)。最近は税金対策に興味がある。

    お家で「カメラを止めるな!」を観るならVOD(動画配信サービス)!

    カメラを止めるな!は、現在も全国の映画館で見ることができますが、各VODでも配信が決定しています!

    VODってなんぞや?

    VODはビデオ・オン・デマンドの略称で、「ある一定の料金を支払うことでその期間中あらゆる動画を観ることができるサービス」です。
    Amazon(アマゾン)プライム、hulu(フールー)などは、皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。
    レンタルも可能ですが、購入もできます。お気に入りの映画はレンタルだけじゃなく、購入するのもありですね!
    (レンタルは一時的に視聴可能、購入は視聴可能期限無しです)

    家や出先、ネット環境さえあればどこでも視聴可能なのが魅力です。

    お金かかるん?

    基本的には月額料金がかかります。権利者に一円も入らない違法サイトでコンテンツを荒らす…なんていう某漫画村のようなことは許されないのです!(某をつけた意味)
    ですが、お試しで無料視聴が可能なサービスもありますのでそういったものはありがた〜く利用しましょう。

    また、サービスによって月額や付帯サービスも異なりますので、各々にあったVODサービスを選びましょう。

    映画「カメラを止めるな!」を視聴できるサービスは?

    カメ止め、各VODサービスにて2018/12/5より配信決定しております!
    視聴可能になるサービスは以下の通りです(2018/11/7時点)

    ◎iTunes
    ◎アクトビラ
    ◎Amazonプライムビデオ
    ◎GYAO!ストア
    ◎Google Play
    ◎クランクイン!ビデオ
    ◎ゲオTV
    ◎J:COMオンデマンド
    ◎DMM.com
    ◎dTV
    ◎ひかりTV
    ◎ビデオパス
    ◎ビデオマーケット
    ◎ムービーフルPlus
    ◎U-NEXT
    ◎Rakuten TV
    ◎TSUTAYA TV

    たくさんあります。
    ええ、たくさんあります!(大事なことなので〜(古のオタク))

    ですが、現時点(2018/11/7)でカメ止めの配信に関しては、VODサービスのタイトル以外の細かい情報がまだ公開されていないんですね。こればっかりは申し訳ないです。
    ということで、今回はカメ止めを配信するVODサービスの中から、「カメ止め」が気になる!という方にお得なVODサービスをピックアップしてご紹介します。

    今回ご紹介するお得なVODサービスは以下の3つ!

     

    いずれも月額で対象の動画が見放題、見放題以外の動画は毎月付与されるポイントにて無料で視聴する、というスタイルですね。
    カメ止めは恐らく見放題ではなく、ポイントor別途料金での視聴になる可能性が高いと思われますが、いかんせん情報が出揃っていないのでまだなんとも言えないのです~!ご容赦くださいね。また詳しい情報が手に入り次第追記していきます!
    有名なVODサービスを含めて比較した内容をさらっと一覧にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

    ビデオパス U-NEXT ビデオマーケット Amazonプライムビデオ dTV
    無料お試し期間 30日間 31日間 最大1ヶ月
    ※登録月のみ無料
    30日間 31日間
    月額 562円
    (税込)
    1990円
    (税抜)
    レンタルのみ500円(税抜)
    レンタル+見放題980円(税抜)
    400円
    (税込)
    ※年会費3,900円(税込)
    500円
    (税抜)
    無料お試し期間中の
    付与ポイント
    540円分 600円分 540ポイント 無し 無し
    無料お試し期間中の
    解約
    可能 可能 可能 可能 可能
    カメ止め
    ※レンタル
    未公開
    ※通常新作は500円~700円(税抜)
    540円(税抜) 未公開
    ※通常新作は432ポイント
    未公開
    ※通常新作は標準400円(税込)
    未公開
    ※通常新作は標準400円(税抜)
    カメ止め
    ※買いきり
    未公開
    ※通常2160ポイント
    標準2,000円
    (税込)
    有料時の特徴 映画館での割り引きあり!
    (TOHOシネマズ月曜のみ1100円等)
    付与ポイントが1200円分に
    アップ!
    (視聴可能な新作が増える)
    無料時と同様 無料時と同様 無料時と同様

    こちらの表を見るとわかりますが、無料お試し期間中に有料作品を鑑賞できるポイントがつくのはビデオパス、U-NEXT、ビデオマーケットの3つ!
    しかしビデオパスだと新作レンタルの料金が付与ポイントを上回る可能性があるので、そちらは配信開始されてから確認をお願いしますね!
    ※どうやらカメ止めに関しては、U-NEXTでのポイント視聴が出来ないようです!ですが他のサービスと比較した際に無料お試し期間中にポイントがつく、カメ止めが見放題作品に含まれる可能性があるという点からおすすめしています。

    というわけで、現時点でのおすすめはビデオパス、U-NEXTもしくはビデオマーケットです!
    表だけで比較すると、月額の点からはビデオパス、ビデオマーケットの方がお手ごろですが、U-NEXTはアカウントを最大4人でシェアできるのでそちらを加味するとお得さは変わらないかと!
    配信されている動画の種類を比較して、お試ししていただくとよいのかなと思います。

    ビデオパスで見る!
    U-NEXTで見る!

     

    そもそも「カメラを止めるな!」とは?

    カメ止めは2017年11月公開の日本映画です。2017年時点では「新宿K’s cinema(ケイズシネマ)」にて6日間限定で公開されていました。
    (以降”ケイズシネマ”表記)

    2018年6月よりケイズシネマ及び「池袋シネマ・ロサ」の2館で公開しています。
    ケイズシネマは84席の定員・入替・整理番号順入場制で、池袋シネマ・ロサは2階の193席の劇場と地下1階にある177席、計370席の劇場からなります。
    対して都心最大級の劇場である「TOHO(トーホー)シネマズ日比谷」は13スクリーンの合計が計2830席。
    比較すると、ケイズシネマと池袋シネマ・ロサがいかに小規模な劇場なのかがわかりますね。

    当初たった2館の小規模劇場のみでの上映だったのに、SNSでの口コミが広がり、2018年10月上旬時点での公開劇場数は300を超えました!
    正直流行りものに疎い筆者の耳にすら入るレベルだったので、相当な人気だと思います。
    新宿のたった84席の劇場から、TOHOシネマズ等の大型劇場を含める全国区にまで広がったなんてこれぞまさにシンデレラストーリーと言っても過言ではないのではないでしょうか。

    筆者自身、以前は流行りものに全く興味がなかったんですが、やはり流行りものって良いものが多いというか。
    大衆にウケるものってそれだけの理由があるんですよね(最近気づきました)
    それからは、流行りものにも興味を持つようになりました。

    映画好きの方が周りに多いのですが、実際に皆さん口を揃えてカメ止めはいいぞって言うんですよね!
    筆者自身、観賞してみてとってもよかったです。

    流行りものが苦手だというそこの貴方様も、ぜひ観賞してみませんか?

    「カメラを止めるな!」のあらすじ

    カメ止めのあらすじですが、舞台は現代日本のとある廃墟です。
    廃墟で映画クルーがゾンビ映画の撮影をしているのですが、撮影しているうちに本物のゾンビと遭遇してしまい・・・!?というのが今回の映画の大筋。
    監督はゾンビが現れたにも関わらず、カメラを回し続けます・・・。
    果たしてこの物語の結末はいかに。

    監督がとっても高圧的でパワハラ気味なのですが(個人的に真っ先にゾンビの餌食になってほしい)、それにも実は理由があって・・・。
    ところどころに伏線がちりばめられているので、細かい箇所にも注目して観ていただきたいです。

    「カメラを止めるな!」の登場人物とキャストをご紹介!

    正直なところ、あまりよく知らない俳優さん、女優さんが多いなと言う印象のこの映画。
    この映画で有名になった方、活躍が増える方もいらっしゃるのでは・・・?
    この記事を機にぜひ覚えていってください〜!

    日暮隆之(演:濱津隆之)

    序盤からパワハラ、モラハラで高圧的なところを見せつけてくれます。
    今のご時勢、ツイッターなんかで告発された日にはフルボッコされそうですね!
    ミ○ネ屋なんかで特集を組まれること請け合いだと思います。
    この映画に全てをかけてるみたいで熱くなっちゃってますが、それには理由があって・・・。

    濱津ご本人は芸人、DJなどを経て役者さんになったようです!
    この左の画像だけでユーモラスなことが伺えますね。個人的にはこの映画の推しです!

    日暮晴美役(演:しゅはまはるみ)

    監督とは付き合いが長いようです。
    趣味はなんと護身術!敵?に抱きつかれた時に抜ける方法を映画内で披露していますが、実際に使えそうですね。
    その際は掛け声も忘れずに。

    松本逢花(演:秋山ゆずき)

    監督の期待に応えようと一生懸命なヒロインの女の子です。
    大根役者気味に見えますが実際は・・・?
    この画像だけ見ると映画の凄惨さがありありと伝わってきますね。

    個人的に重盛さと美さんに似てる気がします!素朴なアイドルって感じで可愛いです。

    神谷和明(演:長屋和彰)

    一枚目の画像、一番右にいるイケメンさんですね。
    ヒロインが監督に叱責されている最中に止めに入るイイ男!
    周りに気も遣えて好印象ですが・・・はてさて。

    「バクマン。」や「娼年」にも出演されていたようです。
    娼年、ちょっと見たかったのでいずれ見てみようかと思います!

    「カメラを止めるな!」の魅力とは

    ただのゾンビ映画じゃない!ゾンビ映画の皮を被ったヒューマンドラマ

    冒頭でも書いてますが、この映画をただのゾンビ映画だと思って見るととっても驚きます!
    ネタバレ出来ないのが辛い筆者です…でもネタバレNGですからそこはね、我慢しますけどね。
    あまり細かいことは申し上げられないのですがただのゾンビ映画じゃないぞ!とだけ。(しつこい)
    普段意識していませんが、登場人物それぞれにドラマがあるということを改めて感じさせられますね。

    偶然の産物!?もとはワークショップ作品だった

    もともとは「ENBUゼミナール」という俳優や映画監督を育成する専門学校の、ワークショップとして制作されたものだそうです!
    映画のワークショップだなんてあまり想像がつきませんが、実際にこのシナリオで撮ってみよう!といった感じでしょうか。

    そんな1ワークショップのインディーズ作品が、今やTOHOシネマズなどの大規模な映画館で放映されているなんてとってもロマンがありますよね。
    更に、世界24か国の海外映画祭への出品が決まり、国内外あわせ受賞した賞はなんと17冠!(2018/10/25時点)

    冒頭でも述べていますが、伏線の回収がバッチリなんですよ。
    筆者は伏線回収にめっぽう弱いので、たまたま全てがぴったりとはまったあの感じにゾクゾクしてしまいます!

    「カメラを止めるな!」はつまらない!?口コミ・評判はどんな感じ?

    さて、口コミが口コミを呼び広まっていった「カメラを止めるな!」ですが、本当に面白いのでしょうか?

    口コミを見ていきましょう。

    またこちらでは映画監督さんなんかも感想を述べていたり。

    更に公式ツイッターより、ケイズシネマにて82回連続満員記録を打ち立てたそうな。
    84席の劇場とは言え、82回連続で満席だなんてすごいですね。

    口コミはなんとも高評価!「つまらない」という意見もあるにはあるのですが、最後まで見ずに席を立ってしまったり、画面酔いに耐えられなかったり、リピーター観客のノリについていけなかった・・・と言った、外的要因が大きく関係しているようです。

    そんな方にこそ、お家でゆっくりリベンジしてみて欲しいですね!

    【まとめ】貴方にあったVODサービスを選びましょう!そしてカメ止めを見よう

    ここまでつらつらとカメ止めをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
    ちょっとでも気になったそこの貴方様はぜひね、お家で観賞しちゃってください!

    今回のおすすめは、ビデオパス、U-NEXTですよ~!

    ABOUTこの記事をかいた人

    しがないオタクライター。2018年、某映画によりめでたく安室の女と化した。アングラ、サブカルが好きでよくひらひらした服を着ている(が、最近体力の低下により頻度も低下)。最近は税金対策に興味がある。