【悩み解決!】dTVの料金って他と比較してどうなの?安いの?徹底比較!

みなさん、安心した状態で動画配信サービスを選んでみたいですよね。ですがどれを選んでいいのか迷っていませんか?

そこで今回はdTVの料金について説明をします!まず結論から言うと、dtvはかなり月額料金が安いサービスです!

この記事ではその理由や登録方法などを解説します! ぜひこの記事をお読みください!

dTVの料金プランは月額500円(税抜き)

まずはdTVについて説明します。dTVの料金プランは月額500円(税抜き)の1つだけです。他社のサービスにはいくつかのプランが用意されているものもありますが、dTVは月額500円(税抜き)の1つだけとなっています。

dTVは見放題コンテンツ約12万本以上とコスパ重視のサービス

dTVで視聴できる作品の数は約12万本以上となっており、これほどのサービスはdTV以外にはありません(2018年5月時点)。

そのため、dTV1作品あたりの料金がなんと、0.0041円とかなりコスパがいいサービスになっています!※一部見放題対象外コンテンツあり

普段から映画やアニメをよく見る人、逆に何を見ていいのかわからない…という人は、コンテンツ数が多いサービスを利用すると好きな作品に出会える可能性がグッと高まりますよ。

約12万本というコンテンツを搭載するサービスは他にありません。しかも、月額料金も安い。これは使ってみるしかありませんね!

dTVの料金が発生するタイミングはいつ?日割りは×

dTVの料金は毎月1日に発生し、その月の末までの1ヶ月となっています。以下がその目安です。

日付 状態 料金
2/5~3/7 31日間無料トライアル中 無料
3/8~3/31 1ヶ月利用料金発生

500円(税抜き)

4/1~4/30 1ヶ月利用料金発生 500円(税抜き)

dTVでは日割り計算がされません。もし上の表の3月15日、つまり1ヶ月料金を支払った後に解約をしても3月1日から3月31日までの残りの日数分の返金はありません。ですが、3月31日までの料金を支払っているため、3月31日までは利用することができます。

ですが、月の途中に無料トライアルをした場合、月の途中で31日の無料トライアルが終了するため、1ヶ月利用しなくても一律、月額料金500円が発生してしまいます。そのため、dTVの無料トライアルはなるべく月の初めの登録することをおすすめします!

dTVの料金支払い方法

dTVの料金を支払う方法は大きくわけて2つあります。

① ドコモユーザーの場合→キャリア決済!

ドコモの携帯電話をお使いの方は携帯電話料金と一緒に、dTVの決済をすることができるサービスです。

この方法には

キャリア決済のメリット

・クレジットカードを登録する手間が省ける

・クレジットカードをお持ちでないお客様もdTVを利用できる

というメリットがあります。ドコモユーザーの方はぜひ、こちらの「キャリア決済」をご利用ください!

② ドコモユーザー以外の場合→クレジットカード決済!

ドコモユーザー以外のお客様は基本的に”クレジットカード決済”となります。使えるクレジットカードは

VISA、MASTER、JCB、AMEX

出典:dTVヘルプページ

また、ドコモユーザーの方も「クレジットカード決済」でdTVの料金を支払うことができますので、クレジットカードで決済したい方はこちらをご利用ください。

【比較】他のサービスと比べてdTVの料金は高いの?それとも安いの?

他の動画配信サービスに比べ、dTVの料金は安いのでしょうか?それとも高いのでしょうか?比べてみたいと思います。

動画配信サービス 料金
月額500円+税
月額800円+税(ベーシック)
月額888円+税
月額933円+税
月額1990円+税

この表でみると、dTVの料金は最安値!ということがわかります。ただこれだけではdTVの良さ、ならびに他のサービスとの比較が難しいですね。ですので以下で”値段の安い順”にほかの動画配信サービスとの比較をランキング形式で掲載しました!

dTVと他の動画配信サービスを”値段の安い順”に比較!

1位 dTV:月額500円(税抜き)

1作あたり約0,0042円!安さ重視のdTV

月額500円で視聴可能な作品が12万本以上と、動画配信サービスの中でも最大規模となっています。1作あたりに換算すると約0.0042円と圧倒的コスパの良さが売りのdTV。数多くの作品を楽しみたい人におすすめですね。

見放題作品12万本は他のサービスに比べ、圧倒的に多いため、まだ何を観たいか決まっていない人とにかく映画やアニメをみたい人初心者の方におすすめのサービスです。

作品数 見放題作品約12万本以上
料金 月額500円(税抜き)
無料お試し期間 31日間
作品ジャンル 映画、ドラマ、韓国ドラマ、オリジナル作品、多数のジャンルあり
画質 SD、HD、4K
個別課金について あり
オフライン再生 可能
TV視聴 可能
同時視聴可能台数 1台まで
支払い方法

ドコモ会員→キャリア決済

ドコモ会員以外→クレジットカード

2位 NETFLIX:800円(税抜き)

海外ドラマ、海外映画ならNo.1の動画配信サービス

NETFLIXはアメリカ発の動画配信サービスということで特に海外ドラマ、海外作品が充実しているサービスです。

さらに、NETFLIXのおすすめはオリジナル作品です。コカイン密売の歴史を扱った「ナルコス」や、宇宙で遭難する「ロスト・イン・スペース」など、ここでしかみられない作品が多いのも特徴の1つですね。

また、料金を選べる3つのプランがあり、ライフスタイルに合わせて調節できるのもおすすめポイントの1つ。

作品数 非公開
料金 800円〜(ベーシックプラン)
無料お試し期間 1ヶ月
作品ジャンル 海外ドラマ、映画、オリジナル作品、多数のジャンルあり
画質 SD(ベーシックプラン)
個別課金について なし(全作品見放題)
オフライン再生 可能
TV視聴 視聴可能
同時視聴可能台数 1台まで
支払い方法 クレジットカード

3位 FODプレミアム:888円(税抜き)

国内ドラマに強く、見放題作品も充実。さらに雑誌101誌が読み放題のFODプレミアム

フジテレビの名作ドラマを中心に見放題動画2万本がラインナップ。139に分けられたジャンルから見たい作品を選ぶことができ、最新映画もオリジナルコンテンツも充実のFODプレミアム。

さらに、動画の他に電子書籍(コミック)も毎月もらえる最大1300ポイントで購入可能、雑誌も人気雑誌101誌が読み放題になるなど動画だけじゃなく、その原作やエンタメ全般を楽しみたい人向けのサービスです。

作品数 見放題動画2万本以上、雑誌101誌読み放題
料金 月額料金888円(税抜き)
無料お試し期間 1ヶ月
作品ジャンル 国内ドラマ、バラエティ(フジテレビが中心)、映画、オリジナル作品あり
画質 SD、HD画質
個別課金について あり。FOD内のポイントで利用可能
オフライン再生 不可
TV視聴 可能。
同時視聴可能台数 5台まで
支払い方法 キャリア決済(au、ドコモ、ソフトバンク)、クレジットカード

4位 Hulu:933円(税抜き)

ウォーキング・デッド ネタバレ 動画

出典:Hulu

迷ったらHulu、ドラマにバラエティに海外ドラマと幅広いラインナップ!

huluは5万本を超える作品が月額933円(税抜き)で見放題になる動画配信サービスです。

特徴としてはオリジナルコンテンツの質が高く、「huluプレミア」といって、日本初上陸の海外ドラマがみれたりと、満足度がとても高いサービスです。2週間と無料お試し期間は短いですが、それでも満足度は高く、おすすめのサービスです!

作品数 見放題作品約5万本以上
料金 月額933円(税抜き)
無料お試し期間 2週間
作品ジャンル 映画、ドラマ、アニメ、海外映画、海外ドラマ、オリジナル作品他
画質 SD、HD、フルHD
個別課金について 不可(全て見放題作品)
オフライン再生 可能
TV視聴 視聴可能
同時視聴可能台数 1台まで
支払い方法 キャリア決済(au、ドコモ、ソフトバンク)、PayPal、Huluチケット、iTunes Store決済、Yahoo!ウォレット、mineoオプションサービス、クレジットカード

5位  U-NEXT:1,990円(税抜き)

出典:U-NEXT

値段以上の満足度!シェアして利用することも!

U-NEXTは月額1990円と他のサービスに比べ、高目の料金設定となっています。ただ、その分、作品数も見放題作品8万本、レンタル作品4万本というラインナップになっています。しかも、毎月1,200円分のポイントがチャージされるので値段の割に、お得な印象があります!

また、1つのアカウントを4人同時にシェアできるので、実質1人あたり500円で利用することができます。家族向けのサービスと言えるでしょう。

子どもに見せたくないR指定作品( U-NEXTにはアダルト作品も約5,000本ラインナップ)も子アカウントで表示しないように設定できるので、安全ですね。

作品数 見放題作品約8万本以上、レンタル作品約4万本以上
料金 月額1,990円(税抜き)
無料お試し期間 31日間
作品ジャンル 映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー、アダルト他
画質 フルHD、4K
個別課金について あり
オフライン再生 可能
TV視聴 視聴可能
同時視聴可能台数 最大4台まで
支払い方法 キャリア決済(au、ドコモ、ソフトバンク)、Amazon.co.jp、クレジットカード

dTVの料金についての疑問!徹底解説!

dTVの料金は、たったの月額500円(税抜き)です。税込でも540円なので他社と比べてもコストパフォーマンスが高いです。ですが、まだよくわからないこともあるのでは? 

ということで、ここからはdTVの料金に関する疑問にお答えします!

疑問①  dTVの料金は日割り計算できる?

日付 状態 料金
2/5~3/7 31日間無料トライアル中 無料
3/8~3/31 1ヶ月利用料金発生

500円(税抜き)

4/1~4/30 1ヶ月利用料金発生 500円(税抜き)

いいえ、dTVは日割り計算に対応していません。上の表にあるように、月の途中からの契約でも1ヶ月分の利用料金が発生します。解約時にも日割り計算は適用されないので、月の途中に解約しても返金等はありません。ですが、利用料金を支払った分は、解約した後も動画を利用することができます。

疑問② レンタル料金はどれくらい?

作品にもよりますが、「標準:300~400」「HD:400~500」の作品が多いです。画質によって発生する金額が異なるため、注意してください。

疑問③ 料金はどのタイミングで発生する?

dTVの利用料金は毎月1日に発生します。加入した日から1ヶ月ではないので注意してくださいね。

dTVの料金:まとめ

dTVの料金をまとめると、

dTVの料金

・月額料金は500円(税抜き)、税込では540円

・作品数は満足の12万本以上

・一部作品は課金しなければいけない場合も

このようになります。dTVは12万本以上の動画が見放題なのに加え、月額料金が500円(税抜き)とかなりコスパがいいサービスになっています。

31日間無料で利用できるため、試しに使ってみてはどうでしょうか? きっと、満足することでしょう!

【料金だけじゃない】dTVのメリット3選!

ここではdTVに登録するメリットについてご紹介したいと思います!

魅力① 安い月額料金で様々な映画やドラマ、アニメも楽しめる!

dTVでは月額500円(税抜)で色々なジャンルの動画を見ることができます。カテゴリーもこのように分かれていて、自分の見たい作品が探しやすいです。

ニュース オリジナル 音楽 洋画 邦画
アニメ 国内ドラマ 海外ドラマ 韓流・華流 フィットネス
ガールズ キッズ 教養・バラエティ シアター ショートショート

他にもdTVはエイベックスとも提携を結んでいて、アーティストのライブが生配信で見れたりします!

出典:dTV

夏に開催される「a-nation」も生配信予定です。ライブだけでなくミュージックビデオも見ることが可能です。

さらにdTVではマンガも読むことができます。『銀魂』や『進撃の巨人』などの人気タイトルも配信中です。

出典:dTV

こちらはマンガが動画なって流れるので若干の違和感はありますが、動画に飽きたらマンガで一息つくのもいいですね。(ただし配信されているものは全話ではないので注意してください!)

魅力② スマホにダウンロードしておけばオフラインでも楽しめる

自宅などWi-Fi環境があるところで動画をダウンロードしておけば、いつでもどこでも動画をみることができます。私はこれを使って飛行機や新幹線などの暇な時間を楽しんでいます!

まずは見たい作品を選んで

出典:dTV

ダウンロードボタンを押して

出典:dTV

画質を選択してダウンロードします。

出典:dTV

動画のサイズを選べるので、スマホの空き容量の節約やダウンロード時間の短縮にもつながります。

魅力③ 31日間の無料お試し期間!

先ほども説明したように、dTVには31日間の無料お試し期間があります。動画配信サービスって加入してみたはいいものの、実際には見たい作品がそんなになかったり、使い勝手がよくなかったりすることがよくあります。

でも事前にお試ししていれば、そんなこともなくなります。納得してサービスを始めることができるので、私はこの31日間無料お試しを目一杯活用しました。

もちろん期間内に解約すれば料金はいっさいかかりません!

dTVの料金:まとめ

dTVの料金をまとめると、

dTVの料金

・月額料金は500円(税抜き)、税込では540円

・作品数は満足の12万本以上

・一部作品は課金しなければいけない場合も

このようになります。dTVは12万本以上の動画が見放題なのに加え、月額料金が500円(税抜き)とかなりコスパがいいサービスになっています。

この機会に試しに31日間利用してみるのはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

映画ライター。好きな映画は"無伴奏"、"Das boot(Uボート)"。戦争映画、ドキュメンタリー、SFのジャンルを好む。映画の他にもアニメ、ドラマなどの作品コラムも執筆。 映画を楽しむコツは"前知識を蓄えた上で観ること"。と、どんなジャンルの映画でも"コーラとポップコーンを欠かさないこと"。

ABOUTこの記事をかいた人

映画ライター。好きな映画は"無伴奏"、"Das boot(Uボート)"。戦争映画、ドキュメンタリー、SFのジャンルを好む。映画の他にもアニメ、ドラマなどの作品コラムも執筆。 映画を楽しむコツは"前知識を蓄えた上で観ること"。と、どんなジャンルの映画でも"コーラとポップコーンを欠かさないこと"。