【見逃し配信】大河ドラマ『いだてん』第16話「ベルリンの壁」の動画を視聴する方法!あらすじネタバレも

いだてん第16話では、東京高師を卒業した金栗四三が、プロフェッショナルのランナーとして新生活をはじめます。 そんな四三を応援しようと、ついにスヤが上京。束の間の新婚生活を楽しむのかと思いきや…まさかの展開に。

今回は「いだてん」第16話を見ていない、もしくはこれから見たい! という方に向けて 「いだてん」の概要とネタバレ結末を公開します! ネタバレを見たくない方は以下のリンクから、すぐにいだてんをご覧ください!

『いだてん』の動画を視聴するならU-NEXT

「いだてん」の1話~最新話までの動画をお得に見るなら、動画配信サービスの「U-NEXT」がおすすめ。

31日間の無料お試し期間(初回登録のみ)を使えば、見放題に入っているドラマや映画作品を無料視聴できます!

いだてんをお得に見る!31日間無料トライアルとは?

  • 特典①:
    見放題作品8万本が31日間無料!
  • 特典②:
    加入特典として600円分のポイントプレゼント!

豊富な作品ラインナップを楽しめる「U-NEXT」。ただし、NHK番組は見放題作品に入っていないため、通常は、初回登録でも無料の600円分のポイント+372円を支払う必要があるんです。

しかし、下記のリンクから登録すると、通常600ポイントのところ1000円分のポイントを無料プレゼント!

【通常登録】
NHK見逃し見放題パック972円(税込)
無料ポイント600円のため、+372円支払う必要アリ

【下記リンクで登録】
NHK見逃し見放題パック972円(税込)
無料ポイント1000円で、追加支払いなし!

いだてんを見逃してしまった方は、下記リンクから「NHK見逃し見放題パック」を利用して、お得に視聴しましょう!

U-NEXTでいだてんを視聴するには?

NHK作品はポイントを利用する必要があるので、U-NEXTに登録した段階では、「いだてん」を見ることはできません。

「いだてん」の動画を見るには、下記のプランを利用します!

出典:U-NEXT

いだてんを見たい人が加入すべきは、左側の「NHK見逃し見放題パック」。

これに加入することで、いだてんの1話~最新話はもちろん、NHKの朝ドラなど配信中のNHK作品も視聴できます!

無料期間には600円分、2ヶ月目以降は毎月1,200円分のポイントが無料付与されるので、これを利用するというワケです。

通常、初月のお試し期間では600ポイントしか付与されないため、追加で372円を支払う必要がありますが、下記リンクを利用すれば、なんと1000円分のポイントをもらえてお得!

実質、”追加料金なし”で、「いだてん」やNHKの作品が見放題になります!

「いだてん」第16話はどんな内容? あらすじを紹介!

1914年、教員になる道を捨て、足袋の播磨屋に居候しながらプロフェッショナルのランナーとしてベルリンオリンピックを目指し始めた四三(中村勘九郎)。野口(永山絢斗)や徒歩部の後輩と共に、水しぶき走法など、より過酷な状況でも走り続ける修行に励む。そのころ、旅の師匠・小円朝(八十田勇一)に一座を追い出された孝蔵は、無銭飲食をして警察に逮捕される。獄中で偶然目にしたのは円喬(松尾スズキ)死去の記事。牢名主ろうなぬし(マキタスポーツ)に芸を見せろと挑発されながら、孝蔵は円喬に教わった噺をこん身の力で披露。師匠との悲しすぎる別れが、彼を噺家として奮い立たせる。四三が練習に打ち込む一方で、ヨーロッパでは第一次世界大戦の規模が拡大していた──。

出典:NHKいだてん

東京高師の研究科に席を置きつつ、播磨屋に下宿しながらマラソン一色の生活を始めた四三。

選手としてピークを迎え、当時の新聞には、四三が世界記録を塗り替えたという記事が、何度か載ったようです。 だのに、時代は第一次世界大戦真っ最中。 ベルリオリンピックは開催中止になってしまうのです。

4年に一度の世界の大舞台を目指して、ひたすら練習に励んできた四三ら選手たちにとって、政治のことでオリンピックができなくなるなんて納得できなかったでしょう。 オリンピックは平和の祭典のはずなのに…。

そんな第16話「ベルリンの壁」、ぜひその目でご覧ください!

「いだてん」第16話の感想・見どころは?

まーちゃんが田畑政治だった!?

後の古今亭志ん生となる、若き日の美濃部孝蔵が土佐回りで訪れた浜松の勝鬨邸に出入りしていたのが、酒屋の息子まーちゃんです。

冴えないメガネ小僧で、口だけは達者。 孝蔵の噺を、面白くないとハッキリ言っちゃうような、生意気坊主なのですが、このまーちゃんこそが、ドラマのもう一人の主役田畑政治だったのです。

先週から登場していたまーちゃんですが、全く伏線(?)に気づきませんでした。 たしかにあの憎たらしさは、後の阿部サダヲさん演じる大人の田畑政治にも通じているし、そーいえば、松重豊さん演じる東京都知事東龍太郎もまーちゃんて呼んでた!

円喬の死

無銭飲食で投獄された孝蔵は、師匠円喬の死を知ることになります。 哀しみの孝蔵が牢名主にバナナをもらって噺をするのですが、この時の森山未來さんの演技が圧巻なんです。

その鬼気迫る姿は、孝蔵に円喬が乗り移っているかのようで、ちょっと恐ろしくなるほどです。

森山さんは、本物の噺家さんに稽古をつけてもらっているそうですが、回が進むほどに腕を上げてる気がします。

スヤ、フラれる

まさかあんなフラれ方…

四三が恋しくて恋しくてたまらないスヤが、せっかく四三を訪ねて上京したのに、まさかの1泊もさせてもらえずに、とんぼ返りさせられるという悲劇に見舞われます。

だって、「スヤが家におる」と眩しそうに四三に見つめらて、喜んだのも数秒。あっという間に「帰って」ですから! じゃあ、気を持たせるような見つめ方しないでよっ! と、心の中で叫んだ女性は多いはず。

そんな仕打ちをされた日には、義母の幾江でなくとも、怒鳴り込みたくなります。

「いだてん」第16話「ベルリンの壁」 結末・ネタバレ

新生活

大正3年(1914年)4月

四三(中村勘九郎)は、教員になる道を捨て、2年後のベルリンオリンピックを目指し、マラソン1本で生きる覚悟を決めた。四三は大塚の足袋店、播磨屋の2階に居候することになった。

本当にここで良いのかと心配する播磨屋の主人黒坂辛作(三宅弘城)に、四三は男の1人暮らしだから十分だと答えるが心配なのは家賃だ。黒坂は払える時だけで良いと言ってくれるが、「ばってん…」と四三は気が引ける。辛作の妻ちょうは、こっちも助かっているからと、意味深なことを言う。すると、女将さんと下から呼ぶ声がして、ちょうは足早に下に降りて行った。

四三が播磨屋の足袋でオリンピックに出場したことが評判となり、東京高師だけでなく早稲田や明治大学の学生も足袋を求めて播磨屋に押し寄せ、店は大繁盛していた。辛作は足袋は本来は畳の上で履くものなのにと、内心複雑な想いだった。恐縮する四三が詫びると、黒坂は店が繁盛しているのは四三のおかげだと、逆に頭を下げた。四三は走っているだけだと謙虚に答え、こんな富士山が見える部屋まで貸してもらってと喜んだ。すると、辛作はあれは箱根で、富士山の見える部屋などもったいなくて貸さないと言うが、その山は紛れもなく富士山なのだった。

四三がボロボロになるまで履きつぶした足袋を見ながら、2人は改良点について話していた。ベルリンは舗装路だから、かかとが痛くなるだろうと四三が言えば、辛作は当て布を増やすかと提案する。他にはと尋ねる辛作に、四三は調子に乗って、足首が自由に動くように足袋のこはぜを3つ外してはどうかと提案した。辛作に「なにっ!」とすごまれ、四三はそんなものはもはや足袋ではないと、すぐさま撤回するのだが、辛作は試しに作ってみると言ってくれた。そして、辛作は四三に次は金メダルだと激励し、さらに忙しくなると笑うのだった。

四三は1人部屋に残り、池部家から届いた手紙を見ていた。四三は、妻のスヤ(綾瀬はるか)にも義母の幾江(大竹しのぶ)にも相談せず、独断でマラソンの道を進むことに決めたことを心苦しく思っていた。そのうえ、池部家からは仕送りまで届いていたのだ。嘉納治五郎(役所広司)の好意で、四三は東京高師の研究科に席を置き、時々は体協に顔を出しつつ、マラソンの練習に打ち込んでいた。

その頃、東京高師の寄宿舎では、野口源三郎(永山絢斗)が徒歩部部長の可児徳(古舘寛治)に、最近の四三の金回りの良さについて怪しいと話していた。野口は四三が健脚を活かして、ひったくりでもしているのではないかと訝る。四三に限って、そんなことがあるはずがないという可児だが、連日のように豚鍋を食べに行き、四三がみなの分まで支払うことのは確かに怪しかった。四三は大盤振る舞いをしては、学生たちを引き連れて練習に明け暮れていた。

その頃、美濃部孝蔵(森山未來)は土佐回りをクビになり、万朝(柄本時生)と浜松をうろついていた。ウナギに続いて、酒もつけた孝蔵に、金を持っているのかと万朝が尋ねると、孝蔵は一銭も持っておらず、万朝も金はないのだった。万朝は翌朝早々に宿を逃げ出すが、返って腹が座った孝蔵は女中を口説いて酒を追加させる始末だ。宿屋の主人に金がないことを告白し、東京で仕事をして送ると言う孝蔵だが、もちろんそんな話は通用せず無銭飲食の罪で逮捕されてしまう。冷たい牢屋で、孝蔵が眠れない夜を過ごしていると、牢名主(マキタスポーツ)が布団代わりかぶっていた新聞の記事が目に入ってきた。そこには、師匠の円喬(松尾スズキ)が死去したことが書かれていた。孝蔵は、師匠、師匠、師匠と、振り絞るように繰り返した。

四三が2階の自室で冷水浴の準備をしていると、向かいの窓が開いた。それは、三島家の女中シマだった。シマは三島家を辞め、播磨屋の向かいに下宿してミルクホールで働きながら、東京女子高等師範学校を目指して勉強しているという。シマは四三や弥彦の姿を見て影響されたのだった。

シマが働くミルクホールで、四三は、嘉納と可児と話していた。嘉納は、届いたばかりのオリンピックのシンボルマークを見せると、したり顔だ。それは5色の輪が重なったデザインで、IOC20周年を記念して会長のクーベルタンが自ら考案したものだという。5色の輪は、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの5大陸の連帯と結合を意味していた。アジアも入っているのかと感慨深い四三に、嘉納はアジア人として初めて四三と弥彦が走った功績だと称えた。

しかしその頃、サラエボ事件をきっかけに、ヨーロッパは第一次世界大戦に突入しようとしていた。

嘉納は、ベルリンオリンピックへの参加を反対する声はあるが、参加を辞退すれば、このオリンピックシンボルの1つの輪が欠けてしまうと言い、四三に期待を込めるのだった。

孝蔵の転機

獄中では、孝蔵と牢名主がバナナを食べながら新聞を読んでいる。バナナを一本もらい、孝蔵は噺をすることになった。孝蔵は円喬の十八番「文七元結」という人情噺を始めた。しかし、牢名主は噺の途中でいびきをかいて寝始めてしまう。牢名主は聞いてもいないくせに良かったと言い、よく長い噺を覚えたものだと褒めて、バナナをもう一本投げてよこした。孝蔵は以前、浜松で酒屋八百商の息子にも同じことを言われたのだった。おもしろかったかと孝蔵が尋ねると、牢名主はおもしろくはないと答えた。あの酒屋の息子まーちゃんと同じように…

浜松では、酒屋八百商に勝鬨邸のちーちゃんが駆けこんできた。主人の庄吉に、警察につかまった孝蔵を引き取りに行ってほしいと頼みに来てたのだ。庄吉は弟が腹痛と下痢がひどく、それどころではないという。弟とは、まーちゃんのことだ。まーちゃんは浜名湖で朝から泳いできたのが原因で、慢性盲腸炎と大腸カタルを併発し苦しんでいた。母のうら(根岸季衣)が医者に泳いで良いのかと尋ねると、辞めさせなければだめだと諫めた。体を丈夫にするために始めたのにと庄吉は嘆くが、うらは田畑家は体の弱い家系だから仕方がないと言うのだった。

実は、このまーちゃんこそが、後に東京オリンピック招致の立役者となる田畑政治(阿部サダヲ)だった。

獄中で、孝蔵は何がいけないのかと悩んでいた。すると牢名主は、孝蔵はどこかおかしなところがあるが、噺を始めるとその面白さがなくなってしまうのだと言って笑った。そして、うまいものを食べている時は、うまいそうにするように、面白いことを話している時は、面白いそうにしろと続けた。孝蔵は、そういう臭いことはしたくないと話しを遮る。しかし牢名主に、臭いかどうかを決めるのは客だろうと言われ、孝蔵は何か腑に落ちたように、今度は臭くやりますと座りなおした。

孝蔵は、改めて「文七元結」の噺を始めた。孝蔵と円喬の噺が重なっていく。百両を無くし自殺を図ろうとする文七に、男は自分の娘が吉原に身を売って作ってくれた百両を握らせようとする。受け取れない、持っていけと押し問答を繰り返し、最後は男が文七に百両を投げつける。それは、新橋駅から旅立とうとする孝蔵に、円喬が餞別のタバコを投げつけた時のようだった。孝蔵は噺をしながら、円喬のことを想い泣いた。牢名主はまた寝てしまっていた。

孝蔵は監守にハサミを貸り、髪を切り始めた。起き上がった牢名主が驚くと、文七をもっと臭くやろうと思ってと孝蔵はにやりと笑うのだった。

孝蔵は勝鬨邸に戻り、小円朝のもとで再び修行を始めることにした。高座に戻ることを許され、一から修行をやり直すことになったのだった。

スヤの上京

一方、四三は真夏の海でトレーニングに励んでいた。水の抵抗が足や腹筋を鍛えるのだと言うが、野口たちはやはりバカだなと笑いながら四三についていく。

熊本の池部家に四三から手紙が届き、スヤは喜ぶ。手紙には、四三が再び世界新記録を出したことと、その新聞記事も同封され、海で行った水しぶき走法が功を奏したのだろうと書かれていた。

スヤは四三に返事を書いていた。その日は中秋の名月で、いきなり団子を作ったのだという。そして「世界の速いもの」の中に四三の名前が書かれていたと、雑誌の切り抜きも同封されていた。スヤは手紙で、正月には戻るのかと四三に尋ねていた。

大正4年1月(1915年)
四三はスヤに手紙を出した。熊本に帰りたいのは山々だが、オリンピック予選会の年なので1日も無駄にはできないと。東京高師の仲間と撮った写真を同封し、スヤにも写真を送って欲しいと書いた。

スヤが四三を恋しがる様子に、幾江はあの山超えて行ってくれば良いと、スヤの背中を押した。そして、スヤは初めて東京の地を踏んだ。

その頃、永井道明(杉本哲太)の弟子、二階堂トクヨ(寺島しのぶ)が3年のイギリス留学を終えて帰国した。永井がよく無事に帰ってきたと、トクヨを抱きしめて喜んだ。そこは体協の会議の場だった。トクヨの挨拶もそこそこに、嘉納がベルリンオリンピックについて話をはじめようとすると、武田千代三郎(永島敏行)が会長の話は最後にと話を遮った。武田の言い草に、嘉納はベルリンオリンピックの予選会まで時間がないと苛立つ。会計を任された岸清一(岩松了)は、無い袖は振れないと、見積もりを出せと言う。可児がストックホルムの費用のおよそ10倍が必要になると答えると、岸は呆れて、トクヨに意見を求めた。すると、トクヨはその議論には、全く意味を感じないと一蹴する。

トクヨは立ち上がり、ヨーロッパで勃発している戦争の悲惨な状況について話し始めた。戦争は今や、ヨーロッパ全土に広がり、犠牲者は過去最大とまで言われていた。現在のヨーロッパはオリンピックなど開催できる状況ではないと、トクヨは言い切った。ましてドイツは敵国なのだと言い、万が一選手に危険なことがあればどうするのかと。嘉納は、その言葉に、関係ないと反論した。スポーツと政治は別で、オリンピックは平和の祭典であり、スタジアムは聖域なのだと。

その頃になると、すでに、四三や弥彦に続けと、オリンピックを目指して陸上だけでなく、水泳や他の競技にも有望な選手が現れ、オリンピックの舞台を夢見て練習に励む若者が増えていた。女子やもっと若い世代にもスポーツマンシップが受け継がれてきているのだと嘉納は訴えた。そして、四三や弥彦の敗北が教訓となっている証拠で無駄にしてはいけないとつづけ、国家であろうと戦争であろうとも、若者の夢を奪う権利はないと嘉納は叫んだ。

四三は播磨屋に戻るや、辛作に新作の足袋が履きやすいと嬉々として伝えた。玄関のぞうりに気づき、四三が辛作にお客かと尋ねると、辛作はにやにやしながらちょうと目くばせをしている。

四三が2階の部屋にあがると、そこではスヤがほうきをかけていた。スヤは笑顔で四三を迎えるが、突然のことに四三はびっくりしてしまう。スヤは幾江から何か手伝ってこいと言われて来たのだと言った。スヤは初めての東京や、部屋から見える富士山にはしゃいでいるようだ。机に置かれたお重を開けると、そこには、いきなり団子が入っていた。正月にも帰らない四三を気遣って、スヤがつくってきたものだ。

四三はスヤを眩しく見つめ、スヤも笑顔で応えるのだが、次の瞬間、四三はスヤ帰ってくれと言った。四三はスヤに向き直り、ベルリオリンピックに向けて1日も休まず練習に励んでいること、そのためにスヤのことも故郷の料理のことも考えずに頑張っているのだから、気を散らさないで欲しいと伝えた。仕送りのことを感謝しつつも、甘えは堕落の入り口だと言い、申し訳ないが帰ってくれと続けた。

播磨屋の黒坂夫妻がスヤの布団を運んでくると、四三はたまらず外に飛び出し、また走り出してしまった。スヤは主人を辛作に頼み、自分は帰るからと頭を下げた。

熊本の金栗家で、実次(中村獅童)が味噌汁を飲んでると、玄関の戸を乱暴に開けて、幾江が実次!と怒鳴り込んできた。実次は驚いて味噌汁をこぼしながら、土間に降り、事情も聞かず頭を下げた。幾江は実次に言っても仕方がないがと言いながらも、スヤが四三にされたことに怒りが収まらない。自分の嫁を泊めずに追い返したばかりか、堕落の入り口だとまで言われ、スヤは恥をかいたのだと。スヤは止めようとするが、幾江は四三の態度が我慢ならなかった。そして、オリンピックが終わったら玉名の地から一歩も出さないから覚悟しておけと、捨て台詞を吐き、立ち去ってしまった。

ベルリンオリンピック中止

そんなことは全く言意に介さない四三は、25歳で世界記録をマークし選手としてピークを迎えていた。ベルリオリンピックでは、優勝間違いなしと期待されている。しかしヨーロッパでは、戦争が激化し、ベルリオリンピックの開催が危ぶまれる事態となっていた。校長室から四三の練習を見下ろす嘉納に、可児は早く言ってやった方が良いのではないかと進言した。しかし、全てを投げうって練習に臨む四三に、嘉納も可児もそんな残酷なことは言えなかったのだ。

シマが窓越しに四三に声をかけるが、その朝、四三は一向に現れない。何度も四三を呼ぶシマを、辛作がそっとしておいてやれと静かに諭した。

四三は、ベルリオリンピックを目標に掲げた書初めを、部屋の壁からはがし破り捨てた。

池部家ではスヤが新聞記事に釘づけになっていた。そこに現れた幾江に、スヤは突然東京に行って良いかと尋ね、この前追い返されたばかりなのにと幾江は驚く。

大正4年6月、ベルリオリンピックの中止が正式に報じられた。

四三は悔しさに涙を流していた。

いだてんのキャスト 

いだてんの主要キャスト

出演者

中村勘九郎(金栗四三役)・阿部サダヲ(田畑政治役)・綾瀬はるか(池部スヤ役)・生田斗真(三島弥彦役) ・役所広司(嘉納治五郎役)・大竹しのぶ(池部幾江役)・中村獅童(金栗実次役)・ビートたけし(古今亭志ん生役)・森山未來(美濃部孝蔵役) ・杉本哲太(永井道明役)・寺島しのぶ(二階堂トクヨ役)・古舘寛治(可児徳役)・三宅弘城(黒坂辛作役)・松尾スズキ(橘屋円喬役)・根岸季衣(田畑うら役)・永島敏行(武田千代三郎役) ・岩松了(岸清一役)・杉咲花(シマ役) ・永山絢斗(野口源三郎役)・柄本時生(万朝役)

いだてんのスタッフ 

いだてんのスタッフ

作:宮藤官九郎

音楽:大友良英

題字:横尾忠則

「いだてん」第17話が待ち遠しい! そんな時は第16話 をもう一度見てみよう!

マラソン一色の新生活をはじめ、全てを犠牲にしてオリンピックだけを目指してきた四三に訪れた悲劇。 四三はどうやって、この悲劇を乗り越えるのでしょうか。

次週は、そんな失意の四三が立ち直るきっかけとなる新競技が生まれるようです。

まだ第16話を見ていない人はもちろん、17話が待ち切れないという人も、U-NEXTでもう一度いだてんを楽しんじゃいましょう。 いつでも好きな時間に好きな場所で、いだてんを視聴することができますよ。