2019年映画リメイク続編版『ザ・ハロウィン』が面白い!あらすじネタバレ・感想まとめ

1978年、ジョン・カーペンター監督によって生み出された名作ホラー「ハロウィン」。シリーズ作品なども続々と作られ、ホラー映画の代名詞的な存在にもなっています。
そんな「ハロウィン」の続編が2018年アメリカで公開されました。第1作目から40年後を描いたという本作ですが、シリーズのホラー要素はそのままに、恐ろしい連続殺人の真相を追う人々を描いたサスペンス作品となっています。
今回は映画リメイク続編版『ハロウィン』のあらすじやネタバレ・感想を書いていきます。

2019年映画リメイク続編版『ハロウィン』の作品情報

・監督:デヴィット・ゴードン・グリーン
・脚本:デヴィット・ゴードン・グリーン
・原作:ジョン・カーペンター
    デブラ・ヒル

人気ホラーシリーズ「ハロウィン」の第1作目から40年が経過した2018年に続編として製作された映画「ハロウィン」。シリーズの生みの親であるジョン・カーペンターは製作総指揮を務めています。

2019年映画リメイク続編版『ザ・ハロウィン』のあらすじ

1978年のアメリカで大量殺人事件を起こしたマイケル・マイヤーズ。彼は精神病棟から脱走したマイケルは、街の人々を次々に殺していきます。

その40年後、またも精神病棟からの移送中に脱走を図ったマイケルは行方をくらまし、街で次々と恐るべき殺人事件を起こしていきます。40年前の事件の唯一の生存者だったローリーは、マイケルから娘や孫を守るために、戦うことを決意します。

ハロウィンの夜に凶悪な殺人鬼との戦いが始まります。

2019年映画リメイク続編版『ハロウィン』過去作品との時系列・関連は?

ホラー映画「ハロウィン」シリーズは、映画リメイク続編版『ハロウィン』が製作されるまでに、数多くの作品を出しています。

シリーズ第1作の「ハロウィン」から「ハロウィン2」「ハロウィン3」「ハロウィン4」「ハロウィン5」「ハロウィン6」「ハロウィンH20」「ハロウィン レザレクション」「ハロウィン1(2007)」「ハロウィン2(2009年リメイク)」と、リメイク作品を除いても、シリーズで8作品もあります。

最新作でもある映画リメイク続編版『ハロウィン』は、1978年の第1作で起きた事件から40年後を描いているという設定でしたが、過去作との関連はどれぐらいあるのでしょうか。

実は、映画リメイク続編版『ハロウィン』に関しては、第1作以外に関連がある部分は全くありません。40年前に殺人事件が起きたという第一作目のストーリーのみを関連させて、その40年後の出来事としてストーリーを作っています。

その証拠に、映画リメイク続編版『ハロウィン』では、マイケル・マイヤーズが、40年前に起こした事件以来、ハドンフィールドに帰ってくることになっています。過去シリーズで何度も舞い戻っているはずなのですが、その辺をなかったことにして本作のストーリーを作っています。

40年も続いているシリーズでもあり、シリーズ全体に大きな流れがあるわけでもないので、演出として、第1作目だけを関連づけさせるという選択をし、整合性などの縛りを受けず、大胆な展開を作り出しています。

2019年映画リメイク続編版『ザ・ハロウィン』のあらすじ結末ネタバレ

1978年、ハロウィンの日に起きた猟奇的な殺人事件から40年が経過した2018年。その事件の真相を追っていたジャーナリストのアーロンとダナは、事件の犯人でもあるマイケル・マイヤーズにインタビューを試みていました。しかし、マイケルから動機などを聞き出すことはできませんでした。また、事件の唯一の生存者でもあるローリーにも取材を試みましたが、口を開くことはありませんでした。

マイケル・マイヤーズが脱走!

マイケルが精神病棟から刑務所へ移送される中、ふとした隙をつかれて、マイケルが脱走してしまいます。その翌朝、ジャーナリストの元を訪れたマイケルは、アーロンとダナを殺しにかかり、はドンフィールドへと舞い戻ります。

猟奇殺人事件の再来

マイケルが戻ってきたハドルフィールドでは、市民が次々と殺される事件が頻発していました。
ローリーは疎遠になっていたアリソンやカレンを守るために、マイケルに立ち向かうことを決意します。その中で、マイケルの精神科医を務めていたサルトンと出会い、マイケルがローリーを狙っているという話を聞きつけます。

ローリーたちを襲うマイケル

ローリーの家にマイケルが到着し、家の中を破壊していきます。ローリーは決意を固め、マイケルとの戦闘を開始します。必死の戦闘の末に、マイケルを突き刺しにし、逃げることに成功した三人、家の中にマイケルを閉じ込め、火をつけた彼女らは見事生存を果たします。一方、炎に包まれた家では、マイケルの体も見えなくなっていました。

2019年映画リメイク続編版『ザ・ハロウィン』の見所は?

過去に数多くのシリーズ作品が生み出されている「ハロウィン」ですが、本作の映画リメイク続編版『ハロウィン』に関しては、過去作との関連性も考えると、位置的には第2作目という感覚で見るのが正しいと思います。

あくまで1978年に起きた事件を起点に物語が始まっているので、その部分だけを押さえておけば十分でしょう。あとは、往年のホラー映画の魅力が存分に詰まった魅力溢れる作品を楽しむだけです。

1978年に公開された「ハロウィン」の魅力を的確に踏襲しながら、見る人に恐怖を与えていくマイケルの演出や、神出鬼没ぶりは、ホラーとして確立されたエンターテイメントを提供してくれます。

シンプルなホラー映画ではありますが、シンプルが故の王道ぶりは見事で、マイケルとローリーの対決は息を飲みます。

不気味で感情がわからないマイケルの恐ろしさや、理由がわからない猟奇性など、ホラー映画として魅力溢れるキャラクターにも注目です。

2019年映画リメイク続編版『ザ・ハロウィン』の感想・評価

2019年映画リメイク続編版『ザ・ハロウィン』の動画配信情報

映画リメイク続編版『ハロウィン』は、日本で2019年4月12日に公開された映画でもあるので、動画配信サービスで公開されるのは、まだ先の話になりそうです。
ただ、その中でも、U-NEXTに関しては、新作映画をいち早く公開することでも知られているので、映画リメイク続編版『ハロウィン』を動画配信サービスで見るならU-NEXTがおすすめです。

過去シリーズに関しては、Amazonプライムビデオで「ハロウィン2」「ハロウィン3」が配信されています。シリーズ第1作目の「ハロウィン」に関しては、配信されているサービスは見つかりませんでしたが、「TSUTAYA」のDVDレンタルで視聴できます。
映画リメイク続編版『ハロウィン』に登場する人物たちの過去が気になる方は、そちらもご覧になってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

映画・漫画・アニメ・ドラマの最新情報をお届け!

ABOUTこの記事をかいた人

映画・漫画・アニメ・ドラマの最新情報をお届け!