『いだてん』第15話の見逃し配信動画を見る方法!ネタバレ感想も!

いだてん第15話では、ついに金栗四三とスヤが結婚します。もともと好きあっていた2人。さぞやラブラブの新婚生活が始まるのかと思いきや、まさかの…!?

今回は「いだてん」第15話を見逃した…!という方に向けて 「いだてん」の概要とネタバレ結末まで徹底解説します!

ネタバレを見たくない方は以下のリンクから、すぐにいだてんをご覧ください!

『いだてん』の動画を視聴するならU-NEXT

「いだてん」の1話~最新話までの動画をお得に見るなら、動画配信サービスの「U-NEXT」がおすすめ。

31日間の無料お試し期間(初回登録のみ)を使えば、見放題に入っているドラマや映画作品を無料視聴できます!

いだてんをお得に見る!31日間無料トライアルとは?

  • 特典①:
    見放題作品8万本が31日間無料!
  • 特典②:
    加入特典として600円分のポイントプレゼント!

豊富な作品ラインナップを楽しめる「U-NEXT」。ただし、NHK番組は見放題作品に入っていないため、通常は、初回登録でも無料の600円分のポイント+372円を支払う必要があるんです。

しかし、下記のリンクから登録すると、通常600ポイントのところ1000円分のポイントを無料プレゼント!

【通常登録】
NHK見逃し見放題パック972円(税込)
無料ポイント600円のため、+372円支払う必要アリ

【下記リンクで登録】
NHK見逃し見放題パック972円(税込)
無料ポイント1000円で、追加支払いなし!

いだてんを見逃してしまった方は、下記リンクから「NHK見逃し見放題パック」を利用して、お得に視聴しましょう!

U-NEXTでいだてんを視聴するには?

NHK作品はポイントを利用する必要があるので、U-NEXTに登録した段階では、「いだてん」を見ることはできません。

「いだてん」の動画を見るには、下記のプランを利用します!

出典:U-NEXT

いだてんを見たい人が加入すべきは、左側の「NHK見逃し見放題パック」。

これに加入することで、いだてんの1話?最新話はもちろん、NHKの朝ドラなど配信中のNHK作品も視聴できます!

無料期間には600円分、2ヶ月目以降は毎月1,200円分のポイントが無料付与されるので、これを利用するというワケです。

通常、初月のお試し期間では600ポイントしか付与されないため、追加で372円を支払う必要がありますが、下記リンクを利用すれば、なんと1000円分のポイントをもらえてお得!

実質、”追加料金なし”で、「いだてん」やNHKの作品が見放題になります!

「いだてん」第15話はどんな内容? あらすじを紹介!

兄・実次(中村獅童)に呼ばれて熊本に帰った四三(中村勘九郎)を待ち受けていたのは、夫の重行(髙橋 洋)を亡くしたスヤ(綾瀬はるか)との見合いだった。重行の母・池部幾江(大竹しのぶ)と実次に強引に押しきられる形になったものの、互いに好きだった四三とスヤは晴れて祝言をあげる。しかし四三はスヤを残して東京へ。次のベルリンオリンピックで勝つために、四三はスヤの理解を得て練習に打ち込む。その姿と重なるように、浜松の浜名湖では、河童かっぱ軍団と称する若者たちが日本泳法の稽古に励んでいた。ちょうど旅で浜松にいた孝蔵(森山未來)は、自分の寄席をよく見に来ていた少年を河童たちの中に見つける。

出典:NHKいだてん

 

タイトル「あゝ結婚」の通り、今回、主人公、金栗四三とスヤが結婚するというおめでたい展開に。

池部家に嫁いだスヤですが、夫の重行を亡くし、春野の実家に戻っていたところ、スヤを手放したくない池部の義母、幾江が四三を養子にし、スヤとの縁談を持ちかけるというなんとも複雑なお話。しかも、四三が縁談の話を聞いてから祝言までが3日足らずという、急展開。

当時は、当人が納得するかどうかは、関係なかったのでしょうか? 現代ではちょっと考えられない、斬新な縁談話ですよね。

時代が違えば、結婚の捉え方もかなり違ったことが垣間見れるエピソードです。

そんな第15話「あゝ結婚」、ぜひその目でご覧ください!

「いだてん」第15話の感想・見所は? 

今回は、久しぶりに四三の実家や熊本の出演陣が出そろいます。

東京、スウェーデンを舞台に若干の洗練ムードが漂ったこれまでのお話とは打って変わって、田舎ならではの喜怒哀楽溢れる人間臭さが充満していて、金栗家やスヤのコミカルな様子も微笑ましい回となりました。

そんな、いだてん第15話の見どころを3つご紹介します。

四三&スヤ結ばれる?

夫を亡くし、若くして未亡人となったスヤですが、ついに大好きな四三と結婚します。 もともと、四三もスヤに淡い恋心を抱いていましたから、2人が結ばれて良かった~と思っていたら、結婚の実感のない四三は初夜にも関わらず、さっそく次のオリンピックを目指すことを宣言し、スヤを置いて東京に戻ってしまうのでした。

ロマンチック感、ゼロ! チューどころか、手もつないでいないんです、この2人。

まあ、これから絆を深めていくのでしょうから、今後の2人の展開に期待するしかありません。

実次節 絶好調!

今回の裏主役と言っても過言ではないくらい、中村獅童さん演じる実次がおもしろかった!

実次の人格を語る上で、誇大妄想、強引、大声、は外せませんが、今回はこの3つの特徴が最大に発揮されていました。

いきなりの見合いのに戸惑う四三をよそに、他人様の家にもかかわらず「た~か~さ~ご~や~」と大声で歌い上機嫌かと思えば、四三が結婚を渋るや怒り出し「金栗家は破産じゃぁ!」と子どもたちを泣かす極端さ。肝心の 祝言本番では、あれほど得意げに披露していた「た~か~さ~ご~や~」の歌詞を間違えるしと、もうこれ以上ない大活躍っぷり。

大真面目に演じる中村獅童さんがおもしろすぎる! 

ぜひ、実次の魅力を存分に味わってください。

必見!スヤの冷水浴サービスショット!

四三の影響で、なんと綾瀬はるかが、もとい、スヤが冷水浴をして、ヒャーと叫びます!  

綾瀬はるかを脱がすなんて、さすがは大河ドラマ! いえいえ、デコルテしか見えません。

とはいえ、綾瀬さんはこれまでも、時速30キロで自転車をこいで列車と並走するなど、体当たりの演技が話題になってきた女優さん。 あんなに清楚で美人さんなのに、演技力の高さはもちろん、肝の据わり方には脱帽してしまいます。

今後は、四三の妻となったスヤの活躍がもっと見られそうですね!

「いだてん」第15話「あゝ結婚」 結末・ネタバレ

プロローグ

実家に戻るや、実次(中村獅童)に連れられ見合いの席につかされた四三(中村勘九郎)。なんとその相手は、幼馴染の春野スヤ(綾瀬はるか)だった。さらに、スヤの義母、池部幾江(大竹しのぶ)が突然あらわれ、四三は肝を抜かしてしまう。そこは、四三のオリンピック遠征を支援してくれた、池部家だったのだ。

寝耳に水の縁談話

スヤは玉名の大地主池部家の1人息子重行に嫁いだが、重行は昨年の夏に、病で亡くなってしまっていた。幾江は仏壇の前で、重行がこんなに早く親より先に逝くとはと嘆き、四三はその話を神妙な面持ちで聞いていた。

すると、幾江が四三を振り返り、それはそれ、と切り出した。幾江によれば、自分の代で池部家を潰すわけにはいかないと思っていたところ、実次に四三を養子にと勧めたと言う。いきなりの養子話に四三は驚いてしまう。

実次は、池部家には重行以外に跡取りがいないこと、金栗家で四三は6番目であること、池部家には四三のオリンピック出場に多大な支援をしてもらったことなどを、理由に挙げ連ねた。支援の際に、幾江は金栗家の田んぼを買い、その田んぼを金栗家に無償で貸すことにしてくれていた。四三が池部家に養子にくれば、その田んぼも四三のものになるというわけだ

四三は、それにしても順番がおかしいと訴え、養子縁組をしてから縁談ならわかるが、そんなにあけすけな話を見合いの席でするとはと、スヤを見やった。

すると、幾江はようやくその気になったかとほほ笑み、実次は大声で高砂を歌いだした。四三は実次に意見しようとするが、わかっていると言うばかりで実次は聞く耳を持たない。一方の幾江は、庄屋の旦那様になるのに何が不服なのかと不思議がる。

その時、四三は田んぼと嫁は違うと声を荒げた。その勢いに、スヤが顔を上げて四三を見つめた。四三はスヤの視線にハッとして口ごもるが、座りなおして、それに4年後のことがあると続けた。四三の気持ちをくみ取ったスヤは、幾江に向き直り、四三との縁談を水に流してほしいと言い、その場を離れてしまった

なんと薄情なことをするのかと、四三がしたことは、スヤと田んぼをはかりにかけるようなことだと、実次に咎められるが、それでも順番が違うと四三も引かない。その時、順番はこれでいいのだと幾江が厳しく言い放ち、のぼせるなと四三を一蹴した。さらには、幾江が欲しいのは、四三ではなくスヤだと言うのだった。

スヤは重行が亡くなってから、春野の実家に戻っていた。幾江はそのことを仕方がないとは思いつつも、1人で大きな屋敷にいることはたまらなかった。いっそ死んでしまおうかとまで思いつめ、歩いているとスヤの家までたどり着いてしまったという。

その時スヤは一生懸命、鍋を洗っていた。死のうとしている自分とは対照邸に、生きようとしているスヤの姿を見て、幾江はスヤが好きだと、一緒に暮らしたいと思った。そして商売や家のことよりも、スヤが一番であり、スヤが生きる理由なのだと言うのだった。そして、四三のことは知らないが、スヤを嫁にしないのなら養子にはしないと言い、この話は終いだと言った。襖の奥で話を聞いていたスヤは、涙ながらに幾江に詫び、抱きつくのだった。

金栗家に戻ると、緊急の家族会議が開かれることになった。家族が勢ぞろいし、実次はめでたいと上機嫌で、盃を四三に渡そうとするが、四三は酒は飲めないと断る。実次は、これからは先生ではなく旦那さんと呼ばなければならないと四三をからかい、家族も嬉しそうだ。子どもたちは嬉々として、田んぼを返してもらったのかと尋ね、祖母にいたっては四三は金栗家の救いの神だとまで言っている。まだ決めていないという四三にかまわず、母シエ(宮崎美子)は旦那様として堂々としなければいけないと言い、冷水浴などするなと助言した。オリンピックに続いて、学生結婚とは、四三はとつけむにゃあ男だと実次が笑うと、四三はたまらずまだ結婚はしないと声を荒げた。

四三の煮え切らない様子に、実次は男なら腹を決めろと怒鳴り出し、明後日には祝言だと言い放った

顔をしかめる四三に、実次はそんなに嫌なら明日東京に帰れと言い、金栗家は破産だと叫ぶので、子どもたちは泣き出してしまう。そんな大事なことを相談しないのがおかしいと四三がなおも噛みつくと、学校部屋に来いと実次が四三を押さえこんだ。

勉強部屋に閉じ込められた四三は、必死に実次を説得した。

ストックホルムでの屈辱を晴らすために、次のベルリンオリンピックに向けてさらなる練習が必要であることを必死で訴えたのだ。実次は、わかったと言い、好きなようにするためにスヤと結婚するように命じた。教員の給料はたかが知れており、池部家の養子になれば少なくとも金の心配をせず、思う存分走れると言うのだ。それでも渋る四三に、実次は一本背負いで行くと声を荒げ、スヤのことが好きではないのかと問うた。

池部家では、幾江がスヤに四三の煮え切らない態度にいら立ちをぶつけていた。そして、別の跡継ぎを探すからと言うが、スヤは四三が良いのだと言う。相手が四三だからこの縁談を受けたのだと。幾江に好きなのかと訊かれ、スヤは否定することができなかった。

四三は冷水浴をしながら、何度もスヤのことを好きなのか考えた。そして、以前スヤに丈夫な体を国のために使うか、自分のために使うのかは、四三の自由だと言われた時のことを、思い出していた。そして、スヤのおかげで誰よりも丈夫な体になったのだと気づく四三だった。

結婚式と初夜

大正2年春

四三は池部家の養子となり、スヤは四三の嫁となった。実次がお得意の高砂を披露するが、肝心なところで歌詞を間違えてしまうのだった。

夜、スヤが自室で髪を梳いていると、足音が近づいてくるのが聞こえる。四三が部屋に入ると、スヤは疲れましたねと声をかけた。四三は明るい口調で、春休みの帰省でこんなに大変なことになるとは、とつい口を滑らせる。大変? とスヤに問われて、苦し紛れに大変めでたいことに…と四三が笑いながら振り返ると、そこには2組の布団が敷かれていた。さらに、近づいてくるスヤに、四三の緊張はピークに。スヤが何か言いかけた時、四三は失敬と部屋を出て、冷水浴に向かうのだが、ここが金栗家ではないことに気づき、着物を着なおすのだった。

床についても、2人はなかなか眠ることができない。四三が消え入るような声で、スウェーデン語で水ことはバッテンというと話し始めた。スヤは何かと四三を見る。四三は独り言だと詫びるが、どうも気まずい。

2人同時に話し始め、譲り合う2人だが、スヤが四三の話が聞きたいと明るくねだった。すると四三は、スヤの亡き夫、重行を看取った時のことを尋ねた。この同じ部屋で看取ったのだと聞き、四三は空恐ろしくなる。スヤは寝れないのかと四三に尋ねた。スヤもまた寝れないのだと言う。この部屋でこうしてまた夜が迎えられることが、スヤには感慨深かった

その時、四三が急に起き上がり、自分には4年後があるからと言いだした。雪辱を果たすために、何はさておきオリンピックだと。スヤは一瞬戸惑った顔をするが、それなら自分は何はさておきお義母さんだと答えた。四三はそうかと納得し、お互いに頑張ろうとスヤを励ますが、2人とも寂しさを噛みしめるのだった。

翌朝、四三が冷水浴をしているところをスヤに見られてしまう

2人は、恥ずかしさでお互いに謝ることしかできない。四三が身支度を整え、池部家を出ようとすると、従業員が荷物を持つと言ってきた。断る四三だが、それがこの人たちの仕事だとスヤに教えられる。実次に慌ただしいと諫められた四三は、まさか結婚するとは思わなかったと、また口をすべらせ、スヤにまた謝られてしまう。四三はスヤに向き合い、今後のことはまた改めてとだけ言い、池部家を後にした。

雨の降る中、スヤと四三は一つの傘に入り、沢山の従業員に見送られ船着き場まで進んでゆく。2人が見つめ合い、何か話そうとした時、四三を呼ぶ声がし、船に乗るように急かされた。四三は急いで船に乗り込み、スヤに手紙を書くからと言うや、船が出発した。別れの挨拶もそこそこに、次第に2人の距離が離れていく。四三は船に上に立ち、スヤをしっかと見つめていた。2人のぎこちない様子に、実次はカチコチではないかと心配になるのだった。

ベルリンを目指して

その頃、後の古今亭志ん生、美濃部孝蔵こと朝太(山本未來)は、旅巡業で浜松まで来ていた。

困った時の勝鬨亭と言われる寄席で、孝蔵たちは高座に上がり、食事も宿泊も世話になっていた。孝蔵は「付け馬」の噺をしているが、客は誰も聞いていない。博打好きが集まる一団は貧乏で売れるものは質に入れてしまっていた。楽屋ではふんどし一枚で花札をしている万朝(柄本時生)が、孝蔵が高座を降りるや、着物を借りて高座にあがるという具合だ。

志ん生(ビートたけし)は、弟子の五りんの恋人知恵(川栄李奈)に勝鬨邸のことを話していた。勝鬨邸は3度の食事が出て、楽屋に泊まれるうえに、ちいちゃんという美人の世話女がいた。志ん生がちいちゃんは自分に惚れていたと自慢気に話すのを、妻のおりん(池波志乃)は聞き逃さない。

近所の造り酒屋のまーちゃんという小僧が、勝鬨邸には出入りしていた。酒を運んできたまーちゃんに、噺はどうだったかと尋ねる孝蔵だが、おもしろくはないと言われてしまう。孝蔵は怒り出すが、小円朝に孝蔵の話で客が湧いたのかと言われ言葉がない。さらにバカにする小円朝の胸ぐらをつかみ、孝蔵は円喬師匠の爪の垢でも煎じて飲めと捨て台詞をはき、追い出されてしまうのだった。

東京高師では、四三が嘉納治五郎校長(役所広司)を前に結婚報告をできずにいた。大日本体育協会の借金問題の話ばかりで、嘉納は苛立っていたからだ。弁護士の岸清一(岩松了)は、借金問題の解決は急務だと言い、副会長となった武田千代三郎(永島敏行)は、ストックホルムの惨敗への批判が大きいことも問題だという。その時、永井(杉本哲太)が立ち上がり、基礎を侮るなと、自分が書いた要目に従い体操中心の学校教育を広く全国に推進すべきだと言った。

永井が作った要目は、見ているだけで肩がこるような内容だった。

可児(古舘寛治)が、文部省や軍部の介入から体育を守ったとして永井の功績を称えようとすると、嘉納はかつて永井がテニスにばかり明け暮れていたことを話しだした。おもしろさのあまり勉強との両立ができないからとテニスを害悪だとして、すっぱり辞めたのだという。四三はそんな話を上の空で聞きながら、結婚の報告ができないまま、季節は春が過ぎ、夏になってしまった。

大正2年(1913年)夏

四三は灼熱の海に繰り出し、耐熱練習なるものを始めた。日射病で負けた雪辱を晴らすために、どんな暑さにも倒れない体を作るため、日中もっとも気温が高い正午すぎに、炎天下の砂浜で帽子もかぶらずに練習に励んだ。倒れる四三を、周囲の漁師たちが助けようとするが、練習を見守る徒歩部の野口(永山絢斗)に止められて、四三はなんとか立ち上がろうとする。四三は、倒れない工夫ではなく、倒れても起き上がって走る練習をしていたのだ。

孝蔵が万朝と海辺に座り込んでいると、浜名湾のカッパ軍団が泳いでいるところを目にする。浜松は昔から水泳が盛んな地で、地元の人は、自分たちの泳ぎを浜名湾流と呼んでいた。旧制中学の学生たちは毎年夏に合宿を行っており、自らをカッパと呼ぶほどに水に親しんでいた。当時の水泳は速さを競うものではなく、鎧姿で泳ぐなど戦国武士の修練を受け継いだものだった。そして、合宿の総仕上げは16キロの遠泳だった。このカッパ軍団の中から、四三、弥彦に続くオリンピック選手が生まれることになる。

耐熱練習は過酷さを増し、四三は何度も倒れてしまう。野口は死んでしまうと心配するが、次のオリンピックまで夏はあと2回しかないと、四三はまた立ち上がるのだった。そんな時に思い出すのは、ストックホルムでの雪辱だった。1か月後、四三は40キロを倒れずに走り通すことができるようになっていた。やがて秋が過ぎ、冬になり、東京高師の卒業が近づいてくると、学友たちは次々に赴任先となる中学を決めていた。

熊本の金栗家に、幾江が乗り込んできた。実次をペテン師と罵り、四三が熊本に帰らないと言ってきたと四三の手紙を渡した。

四三は教員にはならず、マラソン一本で行こう決めた。手紙には養子も縁談の話も破断にしてもらって良いとまで書いてある。手紙の内容に、実次は激高し、幾江もまた卒業したら戻ると言う話に騙されたと怒り心頭だ。

そんな熊本のことはつゆ知らず、東京高師の寄宿舎ではベルリンオリンピックを目指すと言う四三に賛同して、野口までオリンピックを目指すと言い出した。

四三が決意を永井に報告すると、東京高師の卒業生にとって教師になるのは義務だと、ここでも猛反対にあう。熊本の学校を紹介すると言われるが、四三は東京に残って練習すると言ってきかない。可児は教員をやりながらでも十分できるだろうと言うが、四三はそんな生半可なことでは立派な選手にも先生にもなれないと反論した。その時、嘉納が四三に裸足になるように命じた。夏も冬も走り通しだったせいで、四三の足は血豆だらけでゴツゴツと汚かった。嘉納は、教師は生徒の手本にならなくてはいけないが、このような汚い足では人の上には立てないと言い、厳しい顔で四三に不合格の烙印を押した。暗く目を伏せる四三に、嘉納はこんな足では世界一のマラソン走者くらいにしかなれないと言っているのだと笑った。そして、何も考えず存分に走れと激励し、文部省には話はつけると言うのだった。さらには、寄宿舎からは出て行ってもらうという永井に、衣食住は体協で面倒を見るといつもの大見栄を切るので、可児がいさめようとした、その時、職には就かずマラソンばかりやっているような人間のことを何というかと皆に問うた。嘉納は、プロフェッショナルだと続け、四三にマラソンを極めて、日本のプロフェッショナルのスポーツ選手第一号になれと激励するのだった。

スヤからの手紙が届いた。そこには、スヤが進路やマラソンにかける想いを理解したと書かれていた。幾江のことも、四三がオリンピック制覇の宿願を達成するまでと言い聞かせていると言う。

幾江とスヤは、今日も笑顔で男衆を取り仕切っていた。

四三は、スヤに理解してもらったことを喜ぶ手紙を出した。手紙には、冷水浴が体に良いからやってみるようにとも書いてあった。何事も経験だと、思い切ってスヤはゆかたの帯を解き、冷水をかぶった

東京と熊本の空に、ヒャーという声が響き渡った。

いだてんのキャスト

いだてんの主要キャスト

中村勘九郎(金栗四三役)・綾瀬はるか(春野スヤ役) ・役所広司(嘉納治五郎役)・大竹しのぶ(池部幾江役)・中村獅童(金栗実次役)・ビートたけし(古今亭志ん生役)・森山未來(美濃部孝蔵役) ・杉本哲太(永井道明役)・古舘寛治(可児徳役) ・池波志乃(りん役)・宮崎美子(金栗シエ役)・永島敏行(武田千代三郎役)・岩松了(岸清一役)・永山絢斗(野口源三郎役)・神木隆之介(五りん役)・柄本時生(万朝役)・川栄李奈(知恵役)

いだてんのスタッフ 

いだてんのスタッフ

作:宮藤官九郎

音楽:大友良英

題字:横尾忠則

「いだてん」第16話が待ち遠しい! そんな時は第15話 をもう一度見てみよう!

四三とスヤの結婚に加えて、四三が東京高師を卒業するなど、四三に大きな変化が訪れた第15話。

次回は、迫りくる第一次世界大戦の足音に、ベルリンオリンピックの開催が危ぶまれる事態に。そしてスヤが四三を訪ねて、初めて東京の地を踏みます。

まだ第15話を見ていない人はもちろん、16話が待ち切れないという人も、U-NEXTでもう一度いだてんを楽しんじゃいましょう。 いつでも好きな時間に好きな場所で、いだてんを視聴することができますよ。