見逃し配信|いだてん第10話「真夏の夜の夢」の動画を見る方法!あらすじネタバレも

いだてん 10話 見逃し

大河ドラマ『いだてん』第10話では、ストックホルムに到着した金栗四三と三島弥彦が本格的なトレーニングを開始します。 しかし、欧米諸国の選手の体格や練習方法に圧倒された二人は、孤独とストレスを募らせていきます。 そして、弥彦が遂に……

今回は「いだてん」第10話を見ていない、もしくはこれから見たい! という方に向けて 「いだてん」の概要とネタバレ結末を公開します! ネタバレを見たくない方は以下のリンクから、すぐにいだてんをご覧ください!

「いだてん」10話の見逃し配信動画を視聴する方法

出典:U-NEXT

動画配信サービスU-NEXTを使えば「いだてん」の1話〜最終話までの全47話の動画を視聴することができます。

初回登録であれば、31日間は所定の映画やドラマ、アニメが見放題!

さらに無料ポイントを活用することで、いだてんのフル動画も視聴可能です。

いだてんをお得に見る!31日間無料トライアルとは?

  • 特典①:
    見放題作品8万本が31日間無料!
  • 特典②:
    加入特典として1000円分のポイントプレゼント!

NHK以外にも、ドラマや映画、アニメなど豊富な作品ラインナップを楽しめる「U-NEXT」。

通常NHK番組を見るには、600円分の無料ポイントに加え+372円を支払う必要があるんです。

しかし、下記のリンクから登録すると、通常600ポイントのところ1000円分の無料ポイントをプレゼント!

通常登録 下記リンク
で登録
NHKパック
料金
972円(税込) 972円(税込)
もらえる
ポイント
600円分 1000円分
実質料金
(初回1ヵ月)
372円
支払いナシ
お得度


いだてんを見逃してしまった方は、下記リンクでお得に視聴しましょう!

↓いだてんをお得に視聴できるリンクはこちら↓

「いだてん」第10話はどんな内容? あらすじを紹介!

ストックホルムに到着した四三(中村勘九郎)だが、夜になっても明るい白夜に苦しめられる。大森兵蔵(竹野内 豊)の体調が芳しくないため、四三は弥彦(生田斗真)と共に自分たちだけでトレーニングを開始。だが、外国人選手の多くが、監督の的確な指導のもと複数の選手で一緒になって練習に励む姿を見て、明らかな差と孤独に滅入っていく。ついに正気を失った弥彦がとんでもない行為に……。そのころ、「朝太」になった孝蔵も、円喬(松尾スズキ)の話術を必死に盗もうと取り組むが、そのすごさに圧倒される。

出典:NHKいだてん 

シベリア鉄道の長旅をようやく終えて、無事にたどり着きました、ストックホルム! と思ったら、次なる試練が四三と弥彦を襲います。

6月のストックホルムは白夜が続き、夜10時を過ぎても外が明るいため、慣れない日本チームはぐっすり眠ることができません。 現代のように飛行機で一気に移動しなかった分、時差ボケは少なかったのかもしれませんが、まさか白夜に苦しむことになるとは。 大事な試合を控えて十分な休息が取れないなんて、相当のストレスだったことでしょう。

さらには、体格の良い外国の選手に囲まれて、トイレをするのも爪先立ち(便器が高い)とあって、あの弥彦でさえも自信を喪失してしまいます。

ちなみに、1910年代の日本人男性の平均身長は160㎝以下でしたが、欧米諸国の男性の平均身長は、もっとも低いスペイン人でも165㎝、開催国スウェーデンの男性に至っては170㎝を超えていました。

アジア人として初のオリンピック参加ということもあって、ロッカールームではまるで珍獣を見るかのような目で見られてしまう二人……。 大男たちにジロジロ見られたら、そりゃぁストレスだわ!

そんな第10話「真夏の夜の夢」、ぜひその目でご覧ください!

「いだてん」第10話の感想・見どころ

いよいよストックホルムでの練習を始めた、日本オリンピックチーム! 準備万端かと思いきや、全然万端じゃなかった! 大丈夫なのか、日本!?

そんな、いだてん10話見所を3つご紹介します。

ストックホルムの街並みを見よ!

大河ドラマ初の海外ロケとなった今回。ストックホルムでは、3週間にもおよぶ撮影が行われたそうです。

ヨーロッパならではの重厚な建造物はもちろん、自然の豊かさにも目を奪わます。 ヨーロッパでは、100年越えの建物でも修復を加えながら大切に使用することも少なくないようです。 今回登場したストックホルム・スタディオンも100歳越えながらも、現役で使用されている競技場なんだとか。

四三のウルルン滞在記

今回も、四三の良くも悪くも素直な性格が発揮されました!

(何を言っているのかわからない)外国人選手に、最初は敵意をむき出したかと思えば、向こうがこちらに興味を示した途端に態度を一変。 播磨屋が四三のために作ってくれた大切な足袋を、外国人選手にプレゼントしてしまう始末です。

さらには、白夜だからと夜中まで踊り騒ぐスウェーデン人を注意しに行ったのに、日本の歌を歌ってくれとせがまれ、君が代を歌ってしまうサービス精神。 言葉がわからなくても、素直に向き合って、相手が望むことに応えようとすれば、どこでも楽しめるものですねぇ。

弥彦が狂った!?

自信を絵に描いたような男、三島弥彦が自信を喪失して自殺まで図ろうとする第10話。

各国の選手たちが集まるロッカールームではふんどし姿をジロジロ見られ、小便をしようにも便器が高くてとどかない。 さらに、長旅がたたって体調をこじらせた大森監督不在のまま、外国チームの練習方法にも、彼らの速さにも圧倒されてしまいます。

かつては、雑誌の取材で「負ける者の屈辱を味わってみたい」とまで豪語していた男とは思えない滅入りよう……。

ただ、滅入ったおかげもあり(?)、弥彦のふんどし姿を拝めること数回。 四三のおしりも良いけど、弥彦のおしりも良いんですよ~。

「いだてん」第10話「真夏の夜の夢」 結末・ネタバレ

プロローグ

明治45年6月3日(1912年)

東京新橋駅を出発して2週間、オリンピック開会式まで33日と迫る中、金栗四三(中村勘九郎)はストックホルムのホテルで、嘉納治五郎(役所広司)に宛てた手紙を書いていた。嘉納は、いまだストックホルムには到着していなかった。

白夜のストックホルムは、夜の10時だというのに明るい。

四三は到着初日に三島弥彦(生田斗真)と共に、オリンピック会場となるスタジアムを見学し、一夜明けて、ガイドのダニエルとマラソンコースを下見に出かけた。ストックホルムの景色を楽しみながら、コースを走る四三。森の中のコースで、四三は分岐点を間違えダニエルに注意される。

四三と弥彦は、現地の新聞記者からさっそく取材を受けた。しかし質問の内容は、日露戦争に関することだった。日露戦争の勝利によって、日本への関心は高まっており、流暢な英語で答える弥彦の脇に座り、四三も誇らしかった。

そのすぐ近くでは、ポルトガルのマラソン選手が取材を受けていた。ポルトガルもこの大会がオリンピック初参加だった。監督の大森(竹野内豊)によれば、選手は負けたら切腹らしいが、勝てば報奨金が出るのだそうだ。自腹で参加している四三は、国によって待遇の差があることに驚いてしまう。

すると、記者が四三を指さし、世界記録保持者のカナクリだと叫ぶ。それを聞き、ポルトガルの選手は四三に握手を求めてきた。挑戦的な眼差しに、四三は表情を硬くしたまま握手に応じた。

翌日からの本格的な練習開始に向けて、四三は自室の洗面台に水を溜め、冷水浴を始め気合をいれるのだった。

そんな内容をしたためた手紙が、日本の嘉納に届くまでには、約2週間がかかった。四三の手紙が届いた頃、嘉納は文部省でようやく渡航の許可を受けた。外務大臣の許可も必要だという役人を無視して、嘉納は旅立つ。待ち受けていた記者たちに、四三たちの様子を話す嘉納。四三の手紙から、今頃は気力も体力も万全だろうと話す嘉納に、記者本庄(山本美月)は「メダル確実と書いていいですね。」と尋ね、嘉納は気を良くする。

しかし、その頃ストックホルムでは、大変なことが起きていた。弥彦がホテルの窓から飛び降りようするのを、四三が必死で止めていたのだ。

孤軍奮闘の日々

四三の日記「6月4日、快晴 快便、しかし快眠とはいかず」

選手ロッカールームで四三が日記を書いていると、弥彦が現れる。昨夜は二人とも白夜のため眠れなかった。まるで太陽が二つあるみたいだと笑う弥彦。前日に受けた取材が新聞記事になっていると渡されるが、四三には意味がわからない。期待されているのだと勘違いする四三に、小さな日本人選手という意味だと弥彦から教えられ、四三の表情は曇る。弥彦は、言いたい奴には言わせておけと、四三の肩をたたき笑顔で励ます。

その時、外国人選手の集団が入ってきた。外国人選手が気になりつつも、四三は笑顔で弥彦に練習時間を尋ねる。初日だからランチを挟んで3時には上がろうと答えた弥彦の表情も硬い。

二人は別れてトレーニングを始める。四三は坂道を中心に三里から四里を繰り返し走るトレーニングをしていた。気候も体調も良いが、監督の指示のもとチームで練習に取り組む外国の選手団を横目に、四三は孤独を募らせていた。外国チームは集団で練習し、批評をしあうからこそ成果を上げることができていた。そもそも外国人と日本人では体格からして異なり、背の低い日本人にはトイレをするにも、つま先立ちしなければならなかった。

約束通り3時に四三がグラウンドへ行くと、すでに弥彦の姿はなかった。1人ホテルに戻った四三に、弥彦と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)が声をかける。大森に1万メートルにも出場してみないかと言われる四三。念のために大森がエントリーしていたのだ。弥彦も、100メートル、200メートル、400メートルに出場するという。安仁子は四三に「下手な鉄砲、かずちゃんあたる(数うちゃ当たる)」と相変わらず失礼だ。弥彦に、マラソンの予行演習にもなりレースに慣れるチャンスだと言われ、四三も納得する。目標が定まり、練習にも精がでると喜ぶ弥彦に、大森は練習に出られなかったことを詫びた。明日にはグラウンドに顔を出せると言う大森だが、相変わらず咳が止まらない。

翌朝、大森の部屋の前で待つ四三と弥彦の前に現れたのは、安仁子だけだった。安仁子から大森が書いた簡単なメニューだけが弥彦に渡される。しかし、長距離は大森の専門外だからと、四三には何のアドバイスもなかった。翌日もその翌日も大森は練習に現れず、四三は孤軍奮闘するしかなかった。

アメリカやロシアの選手が現地入りし、ますますにぎやかになる一方で、弥彦は孤独を募らせていく。

ロッカールームで、先日、握手を交わしたポルトガルの選手が、四三に挨拶をしてきた。警戒する四三に、彼は履いているものを脱いでくれと言う。靴ではなく足袋を履いて走る四三の足を見たかったのだ。四三は、これは足袋で職人が履くものだと説明するが、言葉がわからない。ジェスチャーを交えて説明をすると、なんとか大工の履き物だということが伝わった。すると、ポルトガル人選手は自分は大工で、貧乏だから電車に乗れずいつも走っていたらスカウトされたのだと言う。自分と同じ境遇に嬉しくなった四三は、その選手に足袋をプレゼントするのだった。故郷に帰ったら自慢すると嬉しそうに足を通すその選手を見て、四三も笑顔がこぼれ、二人は抱き合って喜ぶのだった。

一方グラウンドでは、弥彦が1人、練習を続けていた。外国人選手は10秒台、11秒台で走っており、弥彦は追いつくことができない。練習を終え、ロッカールームに戻ろうとする弥彦を記者が呼び止める。足袋は捨てたのかと尋ねられ、記者が四三と勘違いしていることを知りショックを受ける弥彦。ロッカールームでは四三は多くの外国人選手に囲まれ、足袋の履き心地やリクエスト受けていた。

播磨屋の主人黒坂(ピエール瀧)に電報が届く。それは四三からの足袋の追加注文だった。車屋の清さん(峯田和伸)に嬉しそうだとからかわれ、はぐらかす黒坂だが、徹夜で作る覚悟だ。清さんは黒坂に、落語家に弟子入りした友人の着物を作ってもらいに頼みにきていた。

その頃、後の古今亭志ん生(ビートたけし)、高座名「朝太」となった美濃部孝蔵(山本未来)は、師匠円喬(松尾スズキ)のお伴で寄席の楽屋に来ていた。他の落語家の噺を脇から邪魔したうえに、同じ噺でさらに高座を沸かせる円喬の芸に、朝太は圧倒されていた。円喬が高座で口をつけた湯飲みの白湯を朝太が飲もうとしたその時、自分は胸を患っているから飲むなと円喬に諭される。

志ん生は弟子の五りん(神木隆之介)と銭湯に入りながら、そんな円喬との昔話を聞かせていた。おもむろに冷水を浴び始める五りんを志ん生は注意するが、五りんはオヤジの言いつけだからと訊かない。

追い詰められる弥彦

四三の日記「6月15日 白夜による不眠。冷水浴のやり過ぎで水道をとめられる」

練習開始12日目、とうとう誰も部屋から出てこなくなった。

四三は恐る恐る弥彦の部屋を訪ねるが弥彦の返事はない。ドアを開けると、窓はカーテンや新聞でおおわれていた。タンスの中から開けないでくれと、憔悴した弥彦が酒を手に現れ、もう耐えられないと言いだす。

弥彦は西洋人とのあまりの差に屈辱を覚え、もう限界だと言うのだった。10秒台や11秒台を当たり前のようにたたき出す西洋人に勝ち目はないと、酒を口にした。そんな弥彦に四三は、精いっぱい走ればそれで良いのだと励まし練習に誘うが、弥彦は四三の人気にも嫉妬していた。新聞記事を見せ、四三ばかりが取り沙汰されていること、弥彦の写真が四三と間違えて使われていたことを伝える。自分は四三のようには期待されていないのだと怒鳴って、弥彦はトイレにこもってしまった。

だったら気楽じゃないかと、四三がトイレのドアを開けると、トイレに腰かけたまま弥彦は泣いていた。負けて当たり前、勝ったら儲けだと励ます四三だが、弥彦の気持ちは収まらない。便器に座り、その高さを感じるたびに、足の長い西洋人には勝てるわけがないとバカにされている気分になると言い、四三はまた締め出されてしまった。

弥彦のただならぬ様子に、四三はあわてて大森の部屋をたずねる。安仁子がドアを開けるも、その表情は疲れ切っており、四三は追い返されそうになる。なおも四三はドアを押さえ、弥彦が相当まいっていると告げ、監督の指導が必要だと声を上げて部屋に入っていく。しかし、そこにはベッドで激しく咳込み、弱り切った大森の姿があった。咳き込みながら明日は必ず練習に行くと詫びる大森を前に、四三はそれ以上何も言うことができない。安仁子に涙ながらに察してくれ言われ、四三は部屋を後にする。

あまりの惨状に、四三はこの大会が日本人にとって最初で最後のオリンピックになり、黎明の鐘など鳴らないと考えるのだった。

四三が再び弥彦の部屋を開けると、弥彦は窓から飛び降りようとしていた。弥彦を窓から引きずりおろしベッドに押さえつけ、四三は落ちて怪我をすれば走れなくなり、一生後悔すると一喝する。そして自分たちの一歩が日本人の一歩であり、遅かろうが早かろうが意味があるのだと続けた。

正気を取り戻した弥彦は、涙を流し詫びる。四三が弥彦と抱きしめているところに、安仁子が弥彦のメニューを渡しに部屋に入ってくる。四三と弥彦の関係を勘違いした安仁子は、メニューが書かれたメモをベッドに置くと足早に部屋を後にした。

復活チーム「にっぽん」

これを境に、四三はグラウンドで弥彦の短距離の練習につき合ったり、大森の練習メニューを伝えたりするようになった。弥彦の表情もほぐれ、外国人選手にからかわれても、かわせるようにまでになっていた。大森の体調も回復の兆しを見せ、安仁子も弥彦のフォームを撮影するなど協力的だ。大森がグラウンドで指導にあたったその日、弥彦は12.2秒の記録を出す。喜ぶ四三に、12秒を切ったのかと思ったと残念がる弥彦だが、その表情は晴れやかだった。

川で冷水浴をする四三に、驚いたダニエルが近づいてくる。水のことは、スウェーデン語でバッテンというのだと教えられ、嬉しくなる四三だが、通りかかった飛び込みの女子選手やダニエルの父親にも、笑われてしまうのだった。オリンピック映画が製作されたのは、ストックホルム大会が初めてだった。

ダニエルに付き添われ、四三はマラソン練習を続けている。教会の鐘が鳴り響く中、野原に腰を下ろした四三は一句詠む。

奮闘の
声もとどろに
吹きならす
すえでんの野に
夏花ぞ咲く

森の中での練習中、四三はまた分岐点を間違えてしまう。ダニエルに指摘され本コースに戻るが、何度も間違える四三にダニエルは不安を覚えていた。

6月23日、夜が完全になくなり、それを祝うように街では夏至祭が行われていた。深夜にもかかわらず大音量で音楽を鳴らし歌い、騒ぎ立てるスウェーデン人たちに弥彦の怒りは爆発する。自分がなんとかしてくると言って、夏至祭に向かう四三だったが、逆に日本の歌を歌ってくれとはやし立てられてしまう。

そして、四三は君が代を歌いだした。本気なのかと驚く弥彦だったが、四三の真剣な眼差しに押され、一緒に歌うのだった。困惑するスウェーデン人たちの中から、一人の男性が拍手をしながら現れる。それは嘉納だった。素晴らしいと喜ぶ嘉納に、たまたまだと恐縮する弥彦だが、四三は表彰式の予行演習だと決意を込めて言った。

嘉納は、播磨屋から預かった足袋を四三に、製本された「オリンピック式陸上運動競技法」を大森に手渡す。製本にあたっては永井と可児が奮闘したと聞き、大森は感極まってしまうのだった。

ホテルでは日本選手団が集まり、開会式の打ち合わせをしている。プラカードの表記は国際大会だからJAPANだろうと言う大森や嘉納に対して、四三は「にっぽん」と書いてくれと要求し、「にっぽん」でなければ出場しないと宣言するのだった。

いだてんのキャスト

ストックホルムでの外国人出演者は、現地オーディションで選ばれたそう。おかげで、リアルに全然日本語が通じてない! 

いだてんの主要キャスト

出演者

中村勘九郎(金栗四三役)・生田斗真(三島弥彦役)・山本美月(本庄役) ・役所広司(嘉納治五郎役)・森山未來(美濃部孝蔵役)・ビートたけし(古今亭志ん生役)・神木隆之介(五りん役) ・松尾スズキ(橘家円喬役)・シャーロット・ケイト・フォックス(大森安仁子役) ・竹野内豊(大森兵蔵役)・峯田和伸(清さん役)・ピエール瀧(黒坂辛作役)

いだてんのスタッフ 

いだてんのスタッフ

作:宮藤官九郎

音楽:大友良英

題字:横尾忠則

「いだてん」第11話が待ち遠しい! そんな時は第10話 をもう一度見てみよう!

日本人初のオリンピック選手が外国で奮闘する姿と、ストックホルムの街並みや文化が垣間見れた、いだてん第10話。 第11話では、いよいよオリンピックが開幕します! 二人はどんな走りをするのでしょうか!?

まだ第10話を見ていない人はもちろん、11話が待ち切れないという人も、U-NEXTでもう一度いだてんを楽しんじゃいましょう。いつでも好きな時間に好きな場所で、いだてんを視聴することができますよ。