【DC】映画『アクアマン』の動画を無料視聴。あらすじ・キャスト・感想評価を紹介!

2018年に公開された『アクアマン』は世界中で大ヒットしており、今も興行収入を伸ばしている映画です。主演のジェイソン・モモアの肉体美や、息もつかせぬアクションシーンなど見所は沢山あります。

メガヒットを受けて、ワーナーはアクアマン2を2022年に公開することを正式に決定し、更に広がりを見せています。

今回はそんな『アクアマン』を無料で視聴できる方法を紹介します。他にも『アクアマン』のキャスト紹介や、あらすじ、見てきた人の感想も載せてあるので最後までご覧ください。

Contents

映画『アクアマン』の動画を無料で見る方法

『アクアマン』を無料で見るなら、動画配信サービスがオススメです。

動画配信サービスは、スマホやタブレットで好きな映画やドラマが見られるサービスになります。会員制で、入会すると月額料金が発生しますが、無料お試し期間や初回特典ポイントを使えば無料で楽しむ事が出来ます。無料期間中に解約すれば、料金を払わなくてもいいのです。

映画『アクアマン』動画が無料視聴できる配信サービスは?

『アクアマン』はU-NEXTにて5/8〜より動画配信が決定しています!

U-NEXTには31日間の無料お試し期間とポイント付与があるので、うまく利用して無料で視聴しましょう。

【U-NEXT】31日間無料!

月額 無料期間 作品数
1,990円(税抜) 31日間 12万本以上
  • 1990円(税抜)と高く感じるが、1つのアカウントを4人同時にシェアできるので、実質1人あたり500円で利用することができる。
  • 毎月1200円分のポイントが付与されるので、上記と合わせれば実質200円で最安。
  • 作品数が12万本越え、最新作も多く配信されていて作品数はぶっちぎり。
  • ワンダーウーマンなどのアクアマン関連、DC作品も多数配信中。

こちらは今だけのキャンペーンです!お見逃しなく!

映画『アクアマン』をdailymotionなどの違法サイトで見るのは危険

動画配信サービスに登録しないで、dailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラ)などの違法サイトで視聴しようとするのは止めましょう。違法視聴サイトには広告が複数貼ってありますが、クリックすると悪意あるウィルスに感染する危険性が高いです。

ウィルスに感染すると、スマホやパソコン内のデータがネット上に拡散される恐れがあります。個人情報がネットに流れると、貴方だけでなく周りにも被害が出てしまいます。

そうならないためにも、違法視聴サイトで『アイアンマン』を見ないようにしましょう。

映画『アクアマン』の作品紹介

「予測不能の海中バトル・エンターテイメント!」のキャッチコピーは、決して大げさでは無く、海中ならではの多彩なアクションが観客を魅了しています。DCコミックスの実写映画化の1つで、『ジャスティスリーグ』に登場したアクアマンをより詳しく描いた作品になります。日本より先に公開されたアメリカでは、3億ドルを突破。全世界で11億ドルを突破し、日本円にすれば約1200億円という記録的なメガヒットを叩きだします。この結果を受け、2022年にはアクアマン2の制作が決定しています。

伝説的シリーズの産みの親と世界で最もハンサムな男ジェイソン・モモアがタッグを組んだ映画

監督のジェームズ・ワンは、カルト的な人気を博したホラー映画『ソウ』シリーズの産みの親です。一作目のメガホンと脚本を取ると、以降のシリーズではプロデューサーとして関わっています。

ホラー映画が得意と思われていましたが、『ワイルド・スピード SKY MISSION』でシリーズ最高興行収入を記録すると、一躍有名監督として名前を知られるようになりました。

そんな監督とタッグを組んだジェイソン・モモアは、TC Candlerが2018年に発表した「世界で最もハンサムな顔100人」の1位に選ばれたイケメン俳優です。映画の中ではハワイ出身の浅黒い肌を惜しげもなく晒し、逞しい肉体美を公開して話題となっています。

映画『アクアマン』のあらすじ

ジャスティスリーグに参加したアクアマンことアーサーは、海底国アトランティスから逃亡した女王アトランナと、灯台の守り人トムとの間に生まれた。地上人と海底人のハーフだった彼は、生まれながらに魚と意志を交わし、海中を自在に動き回る身体能力を獲得していた。母親がアトランティスに連れ戻され処刑されたと聞いて以来、アトランティスから距離を取りつつ、海の海賊たちを懲らしめる活動をしていた。

そんなある日、海の底にある七つの国の1つ、ゼベルの王女メラが助けを求めてきた。アーサーの異父弟であり、現在のアトランティス王オームが地上侵攻のために動き出しているのを止めて欲しいという内容だった。アトランティスに関わりたくないアーサーは、一度は断るが直後に起きたオームが起こした大津波を目の当たりにして弟を止めるために海底へ向かった。

オームと対峙したアーサーだったが、戦士としても一流だったオームの前にアーサーアは敗北してしまう。メラの機転で脱出したアーサーは、オームに勝つためには初代アトランティス王が持っていた伝説の武器を探す旅に出た。旅の中、アーサーは過去に戦ったブラックマンタを退けるなどのトラブルを乗り越えつつ、遂に伝説の矛トライデントを見つけるが、そこにはトライデントを守る怪物と、死んだはずの母親がいて…。

迫力あるアクションシーンに、息もつかせない驚きの連続のストーリーになっています。ラストは自分の目で見てみましょう。

映画『アクアマン』の登場人物・キャスト

アーサー・カリー / アクアマン (ジェイソン・モモア)

地上人と海底人のハーフ。海を守る戦士アクアマンとして、海賊を退治したり、海難救助活動などをしているスーパーヒーロー。海と関わりのある人達から知られており、写真撮影にも気軽に応じる。母親とは幼い頃に別れており、海底人の知り合いから処刑されたと聞いて以来、アトランティスから距離を取っていたが、メラの助けに応じる形で弟と向き合う事になる。

逞しい肉体美を披露するジェイソン・モモアは、ハワイ出身の今注目されている俳優です。2011年からスタートした『ゲーム・オブ・スローンズ』に登場すると、複数の民族の血が混ざった独特な雰囲気によって人気を獲得しました。ジェイソンはアクアマンを演じる上で、「毎日筋トレとダイエットを繰り返した」とコメントするだけあって、芸術のような肉体に仕上がっています

メラ (アンバー・ハード)

海底国ゼベルの王女。オームと自分の父親の暴走を止めるために、アーサーに助けを求める。女性だけど、卓越した戦闘力を持ち、ゼベルやアトランティスが送りこんだ追っ手を一人で倒してしまう。他にも水を操る力を持っており、要所要所でアーサーを助けていき、距離を縮めていく。

『ジャスティスリーグ』にも登場したメラを演じるのはアンバー・ハードです。これまでに多くのテレビドラマや映画に出演しており、『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』、『スモーキング・ハイ』などに出演した演技が高く評価されています。彼女も激しいアクションシーンを演じるために、太極拳などを習いました。

オーム王 / オーシャンマスター (パトリック・ウィルソン)

アトランティスの王。アーサーの異父弟だが、アトランティスを捨てて逃げ出した母親や、地上人の血が流れるアーサーの事を激しく嫌っている。地上への憎しみは強く、自作自演の攻撃まで受けてゼベルの王を味方にすると、七つの海の王になると宣言し、自分をオーシャンマスターと名乗るようになる。

地上殲滅を狙う本作のメインヴィランを演じたのは、パトリック・ウィルソンです。舞台出身の俳優で、アカデミー賞に並ぶトニー賞に二年連続でノミネートされるなどの実力のある俳優です。

デイビッド・ケイン / ブラックマンタ 演 – ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世

父親をアーサーに殺され、復讐に燃える男。オームの依頼で潜水艦を強奪しようとして、アクアマンと敵対し父親を殺されてしまう。そのためアクアマンに対する復讐心は強く、オームから提供されたアトランティスの武器を自分なりに改造させたバトルスーツを身に纏い、ブラックマンタとしてアクアマンに挑みます。

演じているヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世は、これからが期待されている俳優です。2016年に公開された『The Get Down』シリーズで優れた音楽センスを披露したアブドゥルは、2017年の『グレイテスト・ショーマン』で高い評価を獲得。本作でもアクアマンをつけ狙うヴィランを見事に演じたと話題になっています。

アトランナ (ニコール・キッドマン)

アトランティスの元女王。王族として生きていくことに嫌気がさし、地上に逃亡した先で恋に落ちてアーサーを授かる。しかし、アトランティスの追っ手に見つかってしまい海底に連れ戻されると、跡継ぎであるオームを出産すると処刑されてしまうが…。
ニコール・キッドマンはハリウッドを代表する女優の1人です。これまでに数多くの映画に出演し、アカデミー賞を始め幾つもの賞を受賞。アメリカタイムズ誌が選ぶ、『2018年世界で最も影響のある100人』にも選ばれています。本作では『バットマン フォーエヴァー』以来、23年ぶりのDC映画出演が話題になりましたが、51歳とは思えないキレのあるアクションを披露しています。

映画『アクアマン』の魅力①斬新なカメラワークと迫力のあるアクションシーンの連続

『アクアマン』が世界中で絶賛される理由の1つに、迫力のあるアクションシーンが上げられます。

海中ではこれまでのアクション映画では難しかった立体的なバトルを演出し、地上では空間を広く利用したシーンが続きます。特に注目されているのが、アクションシーンでカメラが360度全方位からの撮影を行っている所です。

普通の撮影だと、カメラを複数配置して別々の角度から撮影して、映像を切り替えて表現します。それが『アクアマン』ではカメラが360度全方位から撮影されているため、様々な角度から滑らかにアクションシーンが表現されているのは新しい体験です。

海中シーンだけでなく、地上でのアクションでも同じ手法が取られており、狭い室内が広く表現されて、アクションの魅力を一段と引き上げています。

映画『アクアマン』の魅力② DC実写映画だけど、他の作品を知らなくても楽しめる

『アクアマン』は、『マン・オブ・スティール』や『ジャスティスリーグ』と同じく、DCエクステンデッド・ユニバースという共通の世界観を元にした作品になります。

しかし、『アクアマン』は前作である『ジャスティスリーグ』の続きでは無く、『アクアマン』単体として完結しています。『ジャスティスリーグ』を見ておけば、アーサーとメラの出会いのシーンなどより理解できますが、見ていなくても楽しめます。

DCエクステンデッド・ユニバースは年2回新作映画を公開すると宣言しており、『アクアマン』の次は『ジャザム!』、『ワンダーウーマン1984』などの公開が予定されていますが、それらの作品も単体で楽しめる作品になるだろうと予測されています。

映画『アクアマン』の感想・評価は?

『アクアマン』の感想

“今作を観てただただ衝撃を受けました。冒頭のシーンから引き込まれ、最後まで釘づけになって観ました。アクアマンって何て無骨で優しくてかっこいいんだ。”

yahoo!映画

『ジャスティスリーグ』だと掘り下げられなかった、アクアマンというキャラクターを丁寧に描いている部分が高評価を受けている理由の1つです。

“戦うシーンが多いので初めはちょっと……と思いましたが、それを気にならなくさせる面白さもあって最後まで楽しめました。設定やCG等雑な所もあるが、割り切って観れば面白く、観終わった後は爽快感でスッキリしました。”

yahoo!映画

『アクアマン』は映画の上映時間中、半分以上がアクションシーンとなっていますが、最後までだれることなく見てられる面白さと魅力があります。アクション嫌いの人でも楽しめる作品となっています。

“モモアマンの肉体をひたすら鑑賞する映画。ストーリーなんてそれを邪魔しなけりゃいいんだよ!はー、かっこよかった!”

yahoo!映画

アクアマンの評価

CG技術、単純明快でスカッとする王道ストーリ展開、主演のジェイソン・モモアの肉体美に絶賛の声が集まっています。マッチョが好きなら、ぜひとも見てもらいたい映画です。

映画『アクアマン』シリーズの原作・監督・主題歌紹介

原題

Aquaman

監督

ジェームズ・ワン

脚本

デヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック
ウィル・ビール

原作

DCコミックス『アクアマン』

出演者

ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、パトリック・ウィルソン、ドルフ・ラングレン、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ニコール・キッドマン

音楽

Everything I Need(スカイラー・グレイ)

 配給会社

ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ

映画『アクアマン』の動画を無料で見るなら動画配信サービス

動画配信では、『アクアマン』や『ジャスティスリーグ』以外にもDCコミックス実写映画や、ジェームズ・ワンが監督した映画が配信されています。

この機会に、他の映画やドラマを楽しんでみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

映画・漫画・アニメ・ドラマの最新情報をお届け!

ABOUTこの記事をかいた人

映画・漫画・アニメ・ドラマの最新情報をお届け!