【見逃し配信】いだてん6話「お江戸日本橋」の動画を見る方法!ネタバレあらすじ結末は?

いだてん 6話 無料 動画 見逃し

大河ドラマ『いだてん』第6話では、なんとオリンピック出場選手が決まらないという事態に!

主人公・金栗四三も出場の要請を断ってしまうのですが、そこにはある理由が……。

今回は「いだてん」第6話を見ていない、もしくはこれから見たい! という方に向けて 「いだてん」の概要とネタバレ結末を公開します!

ネタバレを見たくない方は以下のリンクから、すぐにいだてんをご覧ください!

「いだてん」第6話を視聴する方法

出典:U-NEXT

動画配信サービスU-NEXTを使えば「いだてん」の1話〜最終話までの全47話の動画を視聴することができます。

初回登録であれば、31日間は所定の映画やドラマ、アニメが見放題!

さらに無料ポイントを活用することで、いだてんのフル動画も視聴可能です。

いだてんをお得に見る!31日間無料トライアルとは?

  • 特典①:
    見放題作品8万本が31日間無料!
  • 特典②:
    加入特典として1000円分のポイントプレゼント!

NHK以外にも、ドラマや映画、アニメなど豊富な作品ラインナップを楽しめる「U-NEXT」。

通常NHK番組を見るには、600円分の無料ポイントに加え+372円を支払う必要があるんです。

しかし、下記のリンクから登録すると、通常600ポイントのところ1000円分の無料ポイントをプレゼント!

通常登録 下記リンク
で登録
NHKパック
料金
972円(税込) 972円(税込)
もらえる
ポイント
600円分 1000円分
実質料金
(初回1ヵ月)
372円
支払いナシ
お得度


いだてんを見逃してしまった方は、下記リンクでお得に視聴しましょう!

↓いだてんをお得に視聴できるリンクはこちら↓

「いだてん」第6話はどんな内容? あらすじを紹介!

オリンピックに送るに足るだけの選手を見つけて喜ぶ治五郎(役所広司)だったが、派遣費用が莫大で頭を抱える。おまけにマラソンを制した四三(中村勘九郎)は、負ければ腹切りかと恐縮し、短距離の覇者・弥彦(生田斗真)は帝大後の進路を考えたいと出場を断る。そんな二人に治五郎は「黎明(れいめい)の鐘」になれと熱弁する。そのころ、若き日の志ん生こと孝蔵(森山未來)も師匠・橘家円喬(松尾スズキ)に、車夫ならば落語に登場する東京の街並みを足で覚えながら芸を磨けとヒントをもらい、東京の“へそ”日本橋界隈をひた走る。 出典:NHKいだてん 

オリンピック選手の選考が難航する様子が描かれた、いだてん第6話。

世界記録をたたき出したにも関わらず、実は四三はオリンピック予選会ということ自体、よくわかっていなかったのです。 憧れの嘉納治五郎に出場を打診されるも、負ければ腹切りになると恐れおののき、出場を辞退する始末。 短距離走の覇者、三島弥彦も三島家の名を汚すなと言う家族の猛反対を押し切る勇気が持てず、やはり辞退してしまいます。

当時はまだ、オリンピックの知名度は低く、栄誉からは程遠かったのでしょう。 きっと、オリンピックで優勝する夢を語る子どもなんて、いなかったはず。

そもそもオリンピックなど目指していないのに、オリンピックに出てくれと言われても、戸惑うのは当然と言えば当然なのかもしれません。

今では、オリンピックを目指して、幼少期から英才教育をする家庭もあるというのに……。 時代が違うと、ここまでオリンピックの価値も変わるのかっ! 

また、もう一人の主人公、田畑政治も久しぶりに登場します。

そんな第6話「お江戸日本橋」、ぜひその目でご覧ください!

「いだてん」第6話の感想・見どころは?

今回のタイトルとなっているお江戸日本橋で、時代を超えて登場人物たちの人生が交差した、いだてん第6話。

四三が日本人初のオリンピック出場を果たした1911年は、オリンピックを知る日本人の方が圧倒的に少なかった時代。 それから約50年ほどで、戦後復帰した東京はオリンピック開催地になります。

日本橋に、明治から昭和への時代変化を感じた、いだてん6話の見所を3つ紹介します。

日本橋と花火と2人のいだてん

日本橋を走る四三と美濃部孝蔵がすれ違うシーンは必見です。

橋の向こうには花火が打ち上げられる中、日本橋の中央で2人が走りながら交差していきます。 そのシーンは幻想的で、まるで映画のよう。

オリンピック派遣費用が明らかに!

一体、オリンピックに出場するためにはいくらかかるの?  これって、素人の素朴な疑問ですよね。

ドラマでは、選手1人を派遣する費用が助教授の7~8年分の給料だと紹介されています。 現代に置き換えてみると、大学助教授の年収が500万円くらいとして、7年分だとしても3500万円! マジか!?

もちろん当時は飛行機もなく、移動にかかる追加費用もあったからこその、この金額だとは思いますが、高っいなぁ。

現在は、JOCがユニフォームを支給したり渡航費の一部もしくは全額を負担し、開催地が選手村を整備して滞在費を負担するようですが、当時はJOCもなければ、競技ごとの協会などもなかった時代。 これだけの費用を捻出するのは、相当大変だったことが想像できます。

オリンピックに参加できるということは、それだけ国が豊な証ということですね。

四三泣き、再び!

一度はオリンピック出場を辞退した四三ですが、嘉納の熱意に打たれ(あと口車に乗せられて)出場を決めます。 嘉納の言葉に感動して、四三は涙を流すのですが、最後は涙だけじゃなく鼻水も溢れだし、大変な顔に。

あんな泣き顔を大河ドラマで見るのは初めてかも、というよりあんなに泣く男を見るのが初めてかも、というレベルです。

熊本から東京へ向かう列車に乗り込み、家族と別れたときの四三泣きもすさまじかったですが、今回はそれを上回る迫力で泣いとります!

 「いだてん」第6話「お江戸日本橋」 結末・ネタバレ 

プロローグ

足袋の播磨屋を恐る恐る覗き込む、金栗四三(中村勘九郎)。先日、播磨屋の主人黒坂辛作(ピエール瀧)に、足袋の走り心地を率直に伝え、怒鳴られてしまった四三は、なかなか尋ねる勇気が出ない。

そこに、車夫の清さん(峯田和伸)が現れ、四三が謝りたいらしいと、勝手に黒坂に伝えてしまう。不機嫌な黒坂が振り返ると、四三が謝ってきた。マラソンのことで頭がいっぱいで、播磨屋の足袋にケチをつけてしまったという。なおも、謝罪を続ける四三に、黒坂は履いてみろと、一足の足袋を投げてきた。

黒坂は四三のために、底を3枚重ねに厚くした足袋を作ってくれていたのだ。足を通した四三は、その履き心地の良さに、その場でジャンプを始める。笑顔で見守る黒坂に礼を述べ、四三は颯爽と駆けていった。

あまりの喜び様に苦笑いする黒坂に、清さんがオリンピックのことを伝えるが、黒坂にはオリンピックが一体何なのかピンときていない様子だ。

オリンピックには行きません!

明治44年12月(1911年)

羽田の予選会から1か月が経ち、大日本体育協会会長を務める嘉納治五郎(役所広司)は決断を迫られていた。東京高師の校長室には、嘉納の他に教授の永井道明(杉本哲太)の他、大森兵蔵(竹野内豊)と妻の安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)などが集まり、ストックホルムオリンピックの選手選抜のための会議が開かれようとしている。いつまでもソロバンをはじく助教授の可児徳(古舘寛治)を、嘉納が叱責するが、可児は羽田の予選会にかかった費用を計算していたのだった。

選抜に1か月もの時間がかかったのは、金の問題だった。明るいニュースといえば、IOC会長に代わってフランス大使から、祝辞が届いたことだけだ。

何人エントリーするかが問題だという大森に、永井は四三をはじめ上位入賞者の名を挙げ、かつては反対していたとは思えないほど乗り気だ。5人ほど候補者の名前が挙がったところで、永井が可児に滞在費を尋ねる。可児は1人5000円と答え、一同はため息をこぼす。これは可児の給料の7~8年に値するほどの大金だったからだ。

永井が資金援助について文部省にも掛け合っていたが、まったく相手にされていなかった。それを知った嘉納は、世界記録を破ったのだと怒り心頭だ。

そこに安仁子が「悲しいお知らせがある」とさらに口を挟む。大森に制させるのも聞かず、安仁子が見せた新聞には誤測疑惑の記事が載っていた。22分も早かったのが怪しまれていたのだ。距離については問題がないという大森に、嘉納は時間を測ったのは自分だと言い、オリンピックに出て汚名返上すると余計に声を荒げるのだった。

校長室の窓から嘉納が外を覗くと、四三が相変わらずトレーニングを続けていた。オリンピックに出る気満々の彼に、金がないから連れて行けないなどとは言えないと嘉納は嘆く。そんな嘉納に、可児は急に頭を下げる。予算を管理すべき自分が、勝手に優勝カップを作ったこと気にしていたのだ。いくらしたのかと、詰め寄る安仁子らに、無駄な出費ではないと嘉納が制すが、可児に連れていけるのがたった一人だと聞かされ、一同は肩を落とす。

嘉納は、三島弥彦(生田斗真)は自費で行ってもらい、四三の分は大日本体育協会が金策をしようと提案し、四三を呼ぶよう可児に伝える。校長室を訪れた四三は、ドアの外から緊張しながら「失礼します」と声をかける。中からは、嘉納の「入りたまえ」という声が聞こえた。

緊張して入室した四三は嘉納を前に、緊張しきりだ。嘉納に座れと促されても、ハイと返事するばかり。そんな四三に、嘉納は日本代表としてストックホルムオリンピックに四三の出場が決まったと伝える。永井や大森らから拍手が送られ、永井はエントリーフォームを差し出すが、嘉納らの意に反し四三は行きたくないと言う。

思わず、何っ! と声を荒げる嘉納だが、自らの怒りを鎮めるように、再度四三に座るように促す。ハイと応え、一歩前に進む四三に、嘉納は羽田予選会の素晴らしい記録を褒めたたえた。四三は頬を緩ませるが、改めて、日本人初のオリンピック出場を要請されると、行けないと首を振る。なぜだと、机に手を振り上げ激高する嘉納に、四三はすみませんと恐縮して頭を下げる。怒りが収まらない嘉納は、なぜ世界記録をだしたのかと叱責し、さらに四三は恐縮してしまう。

四三は、世界記録がどれほどかもしらず、羽田の予選会がそれほど大きな大会だとは認識していなかった。優勝カップにOLIMPICと書かれていた理由も、四三はたった今気づいたばかりだ。飽きれる嘉納が、なぜ今さっきも走っていたのか問うと、四三はただ新しい足袋を早く馴染ませるためだったという。

今さらながらに、オリンピックとは何かと尋ねる四三に、嘉納は飽きれてものが言えない。唖然とする嘉納に、四三はのんきに席をすすめる。そこから説明するのかと気が抜けてしまった嘉納に代わり、永井がこれまで嘉納が何年もかけてオリンピック参加を目指してきた経緯を話して聞かせる。そんな立派な大会なら、なおさら無理だと及び腰になる四三。大森はなんとかオリンピックの趣旨を伝えようとするが、英語交じりの説明を四三がわかるはずもない。

オリンピックのポスターを見せて熱弁する嘉納に、四三は負けたら切腹するのかと問い、それだけは許してくれと土下座をする。つづけて、国際大会では自信がないとし、勝てなければ国民に許してもらえない、生きて帰ってこれないと泣き言をはく始末だ。そんな保守的な四三を見て、嘉納はがっかりだと吐き捨てて、部屋を出ていってしまう。

敬愛する嘉納の機嫌を損ねたと、四三は落ち込むのだった。

嘉納は、気を取り直し弥彦にオリンピックエントリーフォームを届けるために、三島家を訪れる。差し出されたエントリーフォームを、弥彦は嘉納にそっと戻し、自分は出ないと伝える。予選の時も、出ないと言いつつ出場したことを嘉納が指摘すると、弥彦も歯切れが悪い。今回は本当に出ないと言う弥彦に、嘉納はなおも審判員としてストックホルムオリンピックに行けるように手配すると打診するが、ストックホルムへも行かないと断られてしまう。

弥彦は、帝国大学の卒業だというのに、たかがかけっこごときで学校を休めば落第してしまうと言うのだ。嘉納は「かけっこではない! 」と激高するが、弥彦は文部省の役人からも釘をさされていると言い、部屋を後にする。弥彦が部屋を出ると、シマ(杉咲花)が聞き耳を立てていた。母和香子(白石加代子)もまた様子を気にしており、強い視線で弥彦を制すのだった。

行き詰まる金策

再び、嘉納ら大日本体育協会は選手選考のための会議をしている。度重なる選手の辞退に憤る嘉納に、永井は参加を辞退するかと問う。一方の大森は、せめて2位の佐々木を出そうと提案するが、嘉納は1位の四三でなければ国民が納得しないと撥ねつける。

その時、中国からの留学生たちがすぐに帰国すると、騒いでいるとの連絡が入り、校長室前に中国人留学生たちが押し掛ける。この頃、かつての中国、清国では革命派の反乱により、ラストエンペラーこと皇帝溥儀が退位する辛亥革命が勃発し混乱をきたしていた。留学生たちは国からの援助が途絶え動揺していたのだ。帰国すると騒ぐ留学生たちに、嘉納は身の危険があるからと反対する。さらに、生活費は嘉納がなんとかすると言い放ち、可児はまたかと困惑を隠せない。嘉納は羽田競技場建設の際に、中国人留学生たちが尽力してくれたことに恩を感じていたのだ。結局、嘉納の援助を受け100名を超える留学生が日本にとどまる決意をした。この時の借金は、数億円にのぼり嘉納は生涯返済することはかなわなかったという。

校長室で、嘉納と可児がうなだれていると、「失礼します」との声がドアの向こうから聞こえてきた。恐る恐る部屋をのぞき込む四三は、優勝カップを手にしている。四三は優勝カップを、返しにきていたのだった。

カップを一旦テーブルに置かせて、嘉納は静かに四三に語り始める。みんなが四三にオリンピックに行って欲しいと思っていると。四三は神妙な面持ちになり、ばってん・・・と言いかけるが、嘉納は日本の運動競技が欧米各国に比べ遅れを取っているとつづける。さらに、マラソンにこそ活路があり、学生が先頭になって国民の体育熱をあおり、日本人でも世界に通用すると奮い立たせるのだと熱弁する。そして、負けても切腹はしなくて良いと笑い、最善を尽くしてくれればよいと優しく言うのだった。

嘉納は四三に、IOC会長クーベルタンが、紛争の絶えないヨーロッパで古代オリンピックを復活させ、スポーツによる平和を唱えたことを写真を見せながら説明した。四三は、ヨーロッパの嘉納先生のような方だと感銘を受ける。

さらに、嘉納はかつて海舟が日米通商航海条約を結んだ際の話しを持ち出し、最初は辛いが誰かがその任務を負わねば、革新の時はなく、今こそ、スポーツでも誰かが捨て石となり礎とならなければとつづけた。そして、四三に日本のスポーツ界のため、黎明の鐘となってくれと頭を深々を下げるのだった。

そんな嘉納を前に四三は涙をこぼし、小さな声で「行きます。」と告げ、さらに力強く、精いっぱい走ってくると叫んだ。驚きのあまり、立ち上がった嘉納に、四三は勝敗だけにこだわらず、出せる力を出し切ってくると宣言する。四三の手を取り、よく決心してくれたと激励する嘉納だが、可児の視線が気になっている。部屋を後にしようとする四三を、嘉納は呼び止め、渡航費と滞在費を四三が自己負担できないかと言う。自分の金で行けば、勝とうが負けようが、プレッシャーを感じることはなく、むしろレースに集中できるとまで言うのだった。嘉納の思いやりだと勘違いした四三は、嬉しそうに、そうですねと返事をする。そんな四三を嘉納は抱きしめ困惑するが、一方の四三は幸福に満ちた顔を浮かべた。

突拍子な提案に可児は目を見開き、嘉納は膝に手をかけ、なさけないと落ち込むのだった。

寄宿舎で四三は1年ぶりに熊本の実家に宛てて、筆をとった。羽田の予選会は、そんなに大きな大会だとは知らずに参加し世界記録を出してしまったこと、嘉納の口車にのってオリンピック出場を引き受けてしまい、1800円もの大金が必要になることなどを、つつみ隠さず伝えるためだ。手紙を渋りながらも投函した四三の脳裏に、黎明の鐘になってくれと言った嘉納の声がよぎる。

四三は決意を新たにし、羽田競技場を走って後にした。

もう一つのオリンピック

昭和35年(1960年)

ノロノロ進むタクシーに、乗客の男が苛立っている。電線が張り巡らされた東京芝の街。工事で車が渋滞する中、タクシーを降りて抗議するその男こそ、東京オリンピック組織委員会事務総長の田畑政治(阿部サダヲ)だった。

そのタクシーの脇を、足袋で走る男が抜き去って行く。車内には、東京都知事の東龍太郎(松重豊)と東京オリンピック組織委員会の岩田幸彰(松坂桃李)が同乗している。東は、来る東京オリンピックまでの街の整備の進捗状況を気にかけていた。車内ラジオからは、古今亭志ん生(ビートたけし)の落語が流れていた。

明治45年(1912年)
後の志ん生、22歳の美濃部孝蔵(山本未来)は橘屋円喬(松尾スズキ)に弟子入りしたものの、車引きばかりしていた。円喬が背中で噺を始めると、孝蔵は稽古かと尋ねる。そんな孝蔵に、円喬は耳で覚えるな、足で覚えろと言う。円喬は、落語の登場人物の気持ちをわからせるために、舞台となる街を実際に走らせていたのだった。

その様子を聞いた五りん(神木隆之介)は、それはただの車屋だろうと言うが、志ん生は弟子は背中で師匠の噺を聞くのだと五りんを諭す。そんな五りんに小噺でも教えようかと志ん生が言うが、五りんはなぜか断る。五りんは、父と母がどうやって知り合い自分が生まれたのか、ドキュメントが知りたいと言う。そして、オリンピック小噺が面白かったと言うのだった。

四三は播磨屋で清さんに、練習で走っているコースを問われる。清さんと黒坂は、ストックホルムと同じような道を走るべきだと進言し、四三は新たな練習コースとして日本橋から芝に抜ける道を教えてもらう。新しい足袋に足を通し、四三は街を駆けていくのだった。

同じ頃、孝蔵も噺を口にしながら、車を走らせていた。

志ん生が弟子の五りんと恋人の知恵(川栄李奈)に、富久の噺をしている。噺が終わったものの、五りんも知恵も笑わない。五りんは父が満州から母に出したハガキに「志ん生の富久は絶品」と書かれていたのにと、不思議がる。志ん生は、元の富久の噺をアレンジして、舞台を日本橋から芝に変えていた。

田畑がそのエピソードをタクシーの車内で披露していると、先ほど芝で見かけた足袋のランナーが再びタクシーの脇を追い越していく。驚く運転手に、そんな長距離を走るバカはいないと相手にしない田畑だが、タクシーを降りると確かにそのランナーは足袋で走り去っていった。

四三は毎日、日本橋から芝までの距離を往復して走り続けていた。花火が打ち上がる中、車を引きながら走る孝蔵と四三は、日本橋の中央ですれ違うのだった。

熊本では四三の兄実次(中村獅童)がまき割りをしているところに、手紙が届く。四三からの手紙と知った実次は表情を硬くし、扉を閉めるのだった。

いだてんのキャスト

いだてんの主要キャスト

出演者

中村勘九郎(金栗四三役)・阿部サダヲ(田畑政治役)・生田斗真(三島弥彦役)・杉本哲太(永井道明役)・竹野内豊(大森兵蔵役)・中村獅童(金栗実次役)・役所広司(嘉納治五郎役)・勝地涼(美川秀信)・森山未來(美濃部孝蔵役)・ビートたけし(古今亭志ん生役)・古舘寛治(可児徳役)・ピエール瀧(黒坂辛作役)・神木隆之介(五りん役)・松尾スズキ(橘家円喬役)・杉咲花(シマ役)・松坂桃李(岩田幸彰役)・松重豊(東龍太郎役)・シャーロット・ケイト・フォックス(大森安仁子役)・白石加代子(三島和香子役)・峯田和伸(清さん役)・川栄李奈(知恵役)

いだてんのスタッフ 

いだてんのスタッフ

作:宮藤官九郎

音楽:大友良英

題字:横尾忠則

「いだてん」第7話が待ち遠しい! そんな時は第6話 をもう一度見てみよう!

四三が、オリンピック出場を決意した、いだてん第6話。 次回は、オリンピック費用の金策に追われる四三が、三島家に招かれることに!?  四三は、無事にオリンピック出場を果たすことができるのでしょうか?

まだ第6話を見ていない人はもちろん、第7話が待ち切れないという人も、U-NEXTでもう一度いだてんを楽しんじゃいましょう。いつでも好きな時間に好きな場所で、いだてんを視聴することができますよ。