【見逃し配信】いだてん5話「雨ニモマケズ」の動画を視聴する方法!あらすじネタバレ結末は?

大河ドラマ『いだてん』第5話では、日本初のオリンピック予選会が行われます。40キロもの長距離は、主人公・金栗四三にとって未踏の領域。どのようなレース展開になるのでしょうか。

今回は「いだてん」第5話を見ていない、もしくはこれから見たい! という方に向けて 「いだてん」の概要とネタバレ結末を公開します!

ネタバレを見たくない方は以下のリンクから、すぐにいだてんをご覧ください!

「いだてん」第5話動画を視聴する方法

出典:U-NEXT

動画配信サービスU-NEXTを使えば「いだてん」の1話〜最終話までの全47話の動画を視聴することができます。

初回登録であれば、31日間は所定の映画やドラマ、アニメが見放題!

さらに無料ポイントを活用することで、いだてんのフル動画も視聴可能です。

いだてんをお得に見る!31日間無料トライアルとは?

  • 特典①:
    見放題作品8万本が31日間無料!
  • 特典②:
    加入特典として1000円分のポイントプレゼント!

NHK以外にも、ドラマや映画、アニメなど豊富な作品ラインナップを楽しめる「U-NEXT」。

通常NHK番組を見るには、600円分の無料ポイントに加え+372円を支払う必要があるんです。

しかし、下記のリンクから登録すると、通常600ポイントのところ1000円分の無料ポイントをプレゼント!

通常登録 下記リンク
で登録
NHKパック
料金
972円(税込) 972円(税込)
もらえる
ポイント
600円分 1000円分
実質料金
(初回1ヵ月)
372円
支払いナシ
お得度


いだてんを見逃してしまった方は、下記リンクでお得に視聴しましょう!

↓いだてんをお得に視聴できるリンクはこちら↓

「いだてん」第5話のあらすじ 

高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然オリンピックの噺(はなし)を始める。時は明治44年、オリンピックへの参加選手を決める羽田の予選会。全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真)は急きょ短距離走に参戦。一方、金栗四三(中村勘九郎)は、10里およそ40キロメートルという未体験の長さのマラソンに挑む。ライバルたちとの激しいデットヒートの先に、憧れの嘉納治五郎(役所広司)の待つゴールを目指す!
出典:NHKいだてん

日本初のオリンピック予選会の様子が語られた、第5話「雨ニモマケズ」。第1話「夜明け前」で四三が優勝したエピソードは紹介されていましたが、四三がどんなレースをしたのかが今回明かされます。

当時は、テレビ中継などないので、マラソン選手が競技場を出てしまうと、観客はただ待つのみという時代だったようです。コースの整備も行き届いておらず、選手たちは道なき土手を駆け下りたり、マラソンを知らない沿道の人が選手を追いかけてきたりと、今では考えられないような環境でレースが行われていことがわかります。

また、”出ない”と言って審判をしていた三島弥彦が、レースに飛び入り参加して優勝するエピソードが紹介されていますが、これも現在ではありえないこと。小学生の大会だって、エントリーしてなきゃ走れません。

なんて、大らかな時代なんだ!

ゴールテープを切った四三を嘉納治五郎が抱きかかえるシーンは、幼い頃、体が弱かった四三の夢(嘉納治五郎に抱っこしてもらう)が叶った瞬間でもあります。

そんな感動のゴールシーンが描かれる第5話「雨ニモマケズ」、ぜひその目でご覧ください!

「いだてん」第5話「雨ニモマケズ」 結末・ネタバレ

プロローグ

古今亭志ん生(ビートたけし)は弟子の五りん(神木隆之介)と知恵(川栄李奈)を伴って、寄席に到着する。 待ち構えていた娘の美津子(小泉今日子)が駆け寄ると、志ん生からは酒の臭いがした。 ほろ酔いのまま高座に上がった志ん生は、古典落語「芝浜」を始める・・・と思いきや、突然オリンピックの噺(はなし)を始める。それは、羽田運動場で行われた日本初のオリンピック予選会のことだった。

明治44年11月19日(1911年)

羽田競技場の上空は鉛色の曇り空。四三(中村勘九郎)ら東京高等師範学校徒歩部の学生は、競技場までの道に迷っていた。

競技場では、すでに100mの予選が始まっている。 全国から集まった健脚たちが速さを競う中、三島弥彦(生田斗真)は高みの見物を決め込み、審判員をしていた。しかし、選手たちの走りを見るうちに、生来の交戦癖がムクムクと湧き上がってくる。 嘉納治五郎(役所広司)に世界の中心で走ってみたいと思わないかと誘われたこと、母和香子(白石加代子)に反対されたことなどが、弥彦の脳裏によぎる。

次のレースに、優勝候補が出場すると知った弥彦は、スタート直前にレースに待ったをかける。 大観衆が見守る中、弥彦は颯爽と上着を脱ぎ捨て、ストップウォッチを吉岡(満島真之介)に託した。 事務局がもめているところを、嘉納は良いのだとたしなめ、弥彦はレースに参加することになる。

その頃、四三たちはようやく競技場にたどり着こうとしていた。 丁度、100mスタートが切られ、弥彦は見事1位でゴールする。 結局、弥彦は100mに次いで、400m走と800走でもぶっちぎりの優勝をもぎ取った。 弥彦もまた短距離走で日本人初のオリンピック出場を果たすことになる。

※オリンピックストックホルム大会(1912年)で、三島弥彦が騎手を務めた姿が映し出される。

高座では、志ん生が居眠りをはじめていた。

 飛ばさず、焦らず

マラソンの点呼が始まった。 四三たちマラソン出場選手を前に、永井道明(杉本哲太)は無理をせず生きて帰れと激励していた。その言葉に、四三たちは 過酷なレースになるであろうことを覚悟するのだった。

マラソン競技には全国から集まった健脚自慢が19名参加していた。 その中に、車夫の清さん(峯田和伸)が混ざっていた。 足袋を直す四三を見て、清さんは同業者と勘違いし、堂々としていればバレないととんちんかんなアドバイスするのだった。

四三の脳裏に、寄宿舎で永井に言われたことがよぎる。 永井は、死人が出ると言い、羽田の悲劇になると言ったのだ。 不安に駆られる四三だが、やってみなければわからないと、気合を込めた目でスタート切る。

高座では、志ん生がようやく目覚めた。

マラソンは最終種目。 スタートを切った会場は歓声に包まれてた。 雨が降り出す中、名だたる健脚たちが競技場を後にしていく。 しかし、四三は高師徒歩部の野口源三郎永山絢斗)らを従え、最下位で会場を後にする。 穴守神社の参道で、四三は野口らに飛ばすな、焦らずとたしなめる。

志ん生の噺は、芝浜から、マラソン予選会の内容に変わっていた。 美津子は、一体何の話なのかといぶかしむ。

すでに参道は横殴りの雨で視界もままならない状況だった。 悪天候な中、さっそく清さんが脱落する。 四三たちは、レース序盤はわざとゆっくりなペースを保っていた。 天候が回復し、青空が広がる六郷橋では、小樽の佐々木と慶応の井出が首位争いをしていた。 一方、5キロ地点では、強い日差しに落伍者が出始めた。次々と選手が倒れ救護所に運ばれていく様子は、まるで地獄絵図だった。

湧き上がる野心

四三たちは着実に順位を上げていく。 すると四三の心に野心が芽生える。 スピードを上げ、前方の選手を次々と抜き去っていく四三。

その頃、雨が強さを増す羽田競技場では、嘉納が退屈していた。 そこへ連絡係から、先頭の3人が折り返し地点をまもなく通過しそうだとの報告が入る。 思わずストップウォッチを見る嘉納だが、既に8名が落伍したと聞き、驚きを隠せない。

東神奈川の折り返し地点では、四三は4位につけ、さらに一気に2位まで順位を上げていた。 再び雨風が強くなる中を走る四三に、高師の仲間が残り4里だと教える。 これまで最高で6里しか走ったことのない四三にとって、この先は未知の領域だった。 一方、四三とすれ違った野口は腹を押さえて様子がおかしい。 野口は腹が減ったため、通りの茶屋から蒸しパンを拝借してしまった。

トップの佐々木に、四三は50mの距離にまで迫っていた。 その頃には、足袋の底は剥がれ、目には帽子の赤い塗料が落ち、まるで血を流したような顔になっていた。 それを見た沿道の農民が、四三が怪我をさせられたと勘違いし、鎌を持ったまま1位の選手を追いかける始末だ。

穴守稲荷の手前の橋に差し掛かった時、1位の佐々木が急に止まり、 四三も足を止める。 佐々木は振り返り四三を睨みつける。 奇妙な睨み合いが10秒ほど続いた後、佐々木はまた走り出し、四三もまた後を追った。

ついに叶った夢

落伍者は13名まで増えていた。 永井が嘉納に責任問題だと詰め寄っていると、1人の選手が競技場に現れる。 四三は佐々木とのデットヒートを制し、1位で競技場に戻ってきたのだった。 いだてんだと狂喜する嘉納。 貴賓席の嘉納を見て、四三は思わず「治五郎先生!」とかすれた声を上げる。 ぬかるむトラックで足袋を脱ぎ捨てた四三は、そのままゴールに向かう。 ゴールでは憧れの嘉納治五郎が手を振ってまっていた。

ゴールした四三に、嘉納は2時間32分45秒の世界記録だと興奮して伝える。 歓喜する観客の中、倒れそうになる四三を嘉納が抱きかかえた。 嘉納が四三の耳元で「金栗君、君こそ世界に通用するいだてんだ!」と賛辞を贈っている時、四三は幼い頃に思いを馳せていた。

嘉納治五郎に抱っこしてもらうために、父と熊本まで向かったものの、抱っこしてもらうことが叶わなかったこと。 抱っこをしてもらったと家族に父が嘘をついて以来、家族の期待に応えねばと苦悩したこと、そして兄実次(中村獅童)に真実を明かした時のことなどが、四三の脳裏によぎる。 まさかこんな形で夢がかなうとは、四三は思ってもみなかった。 四三はただ一言「ありがとうございます。」と言うのだった。

嘉納の胴上げが始まる横で、意識がもうろうとする四三を永井は抱え、よくやったと褒めたたえた。 四三は渡された水を口元まで運ぶも、世界記録が夢になるといけないと断るのだった。

高座を終えた志ん生に、美津子や弟子の今松(荒川良々)は、なぜオリンピック予選会の噺などしたのかと尋ねる。 予選会に出場する清さんに代わって、若き日の志ん生、美濃部孝蔵(山本未来)が1日車屋を代行した時に、この話を聞いたのだと言う。 実はその日、孝蔵は憧れの橘屋円喬(松尾スズキ)を乗せていた。 車に乗りながら噺の稽古をする円喬に、孝蔵は聞き入ってしまう。

一方、羽田ではマラソン競技の振り返りが行われていた。 完走したのはたった6名。 大森兵蔵(竹野内豊)は四三の記録が、ロンドンオリンピックの記録よりも22分も早いと指摘する。 嘉納らが何かの間違いではないのかと訝っていると、そこに雑誌冒険世界の記者、本庄(山本美月)が入ってくる。 レース中の選手たちの奇行動や、悪天候の中、四三が好記録を出したのは怪しいと言うのだ。 しかし、嘉納は距離も時間も間違ってはいないと言い、街には世界記録を出した四三の記事が載った号外が出た。 四三たち高師の選手は電車で街を凱旋し、市民の歓迎を受ける。 四三は足を引きずりながら歓声に応えるのだった。

寄宿舎では仲間が祝勝会を開いてくれていた。 徒歩部顧問の可児(古舘寛治)が大喜びで酒を煽っているところを永井が注意するが、酔ったは可児優勝カップでさらに酒をあおる始末。 窓越しに美川(勝地涼)を見つけた四三は、美川に話しかける。 仲間の輪に入れない美川が、優勝した気持ちを四三に問うと、四三は嬉しさ半分、痛さと疲れ半分でプラスマイナスゼロだと相変わらず謙虚だ。 四三が仲間達に称賛されるのを後ろ目に、美川は1人静かに拍手を送った。

勝つために

四三は優勝カップを眺めながら眠れない夜を過ごしていた。 熊本の実家へ手紙を書こうとするが、前回の手紙でかけっこにうつつをぬかすなと叱責されたことを思い出し、手紙を破る。 そして、ノートを取り出し”勝つために”としたため、勝因を分析することにした。 この経験を活かし、新しい日本のマラソンの道を開拓するためだ。

四三は、ノートに勝因として、排便や食事、服装などの良かった点として、「レース前に排便を済ませること」「食事を適量にとること」「あたたかい服装で臨むこと」などを書き出していく。 一方、課題もあった。 足袋が最後までもたず、裸足で走ることになったため、破れない足袋を作ることが課題となった。 そんなことを書き出しているうちに夜が明ける。 さすがに疲れた四三が、今日は休もうかと考えていると、実次の幻覚が現れ東京までやったのは勉強をさせるためだと叱責されてしまう。

松葉づえをつきながら、四三は足袋の改良をお願いするために播磨屋に向かった。 店先には四三をたたえるビラが張られていた。 店主の黒坂(ピエール瀧)は、世界の金栗君と満面の笑みで歓迎する。 しかし、四三がこの足袋では走りづらかったと正直に伝えると、黒坂の表情が引きつり始める。 足袋が屋外の走りに耐えられないことを次々と並べたてる四三に、ついに黒坂の怒りは爆発した。四三に 帰れと怒鳴りつけ、改良などする気はないと、塩をあびせ追い出さしてしまう。 四三を追い出しはしたものの、黒坂もはきつぶされた足袋が気になっていた。

三島家では、弥彦の活躍が載った新聞を、女中のシマ(杉咲花)が弥太郎(小澤征悦)に渡していた。 しかし弥太郎は弥彦の写真を一瞥しただけで、経済欄へと目を移してしまう。 和香子にいたっては、弥彦の写真の上にティーソーサーを置いて見る気もない。 悔しがるシマに弥彦は、腹を立てるなと冷静だ。 それでもシマは、弥彦が日本一になり新聞にまで載ったというのに、三島家の誰一人として弥彦を祝おうとしないことに腹の虫がおさまらない。そんなシマに 弥彦は、スポーツは好きかと問う。シマは好きだが女性は運動選手にはなれないと答える。 これからは西洋のように女子のスポーツが盛んになるかもしれないと弥彦は言い、カメラのシャッターを切るのだった。

四三はマラソン予選会の優勝を記念して撮影に臨んでいた。 緊張する四三に、カメラマンは世界を意識した表情をとアドバイスをするが、余計に四三は困惑してしまう。

一方、円喬を人形町で下ろした孝蔵は、弟子にしてくれと突然土下座をする。 そんな孝蔵に、円喬は明日も同じ道を頼むと伝える。 そして翌日も円喬を乗せて孝蔵は走るのだった。

熊本の春野家では、スヤが父に四三の世界記録が載った新聞記事を見せている。 スヤは四三が立派になったとことを喜び、父に記事を切り取っても良いかと尋ねるが、これから嫁に行く娘なのだからとたしなめられる。

ストックホルムオリンピックまで半年に迫っていた。

「いだてん」第5話の感想・見所は?

いよいよオリンピック予選会が開催され、遂に25マイル(40キロ)を完走した四三。

この予選会では、マラソンに初めて挑む選手が多く、次々と落伍者が出たようです。ドラマでは救護が追い付かない様子も描かれています。

今よりももっと、命がけの競技だったということですね。

そんな、いだてん第5話の見どころを3つ紹介します!

結果はわかっているけれど

マラソンはドラマがあるスポーツ。どんなレースが繰り広げられるのか、マラソンファンならずとも気になるところではないでしょうか?

実は、競技場を出る段階では四三は最下位だったようです。初のマラソンレースとなれば、焦ってしまいそうですが、同じく東京高等師範学校の徒歩部から出場している仲間にも、飛ばすな、焦らず、と冷静に声をかけています。

スッスッハッハーの息遣いを崩さず、体力を消耗しないよう、動きを抑えた走りで”失敬、失敬”と次々と前に走る選手を追い抜く姿は、まさにアスリート。

レースに勝つためには、負けん気も大事ですが、しっかりレース展開を練り冷静さを失わないことが大切なんですね。

その冷静な分析力と素直な物言いが仇となって、レース後に訪れた足袋の播磨屋に、四三は怒鳴られて追い返されてしまうのですが……。

本当にあった!? 珍エピソード満載

マラソン大会ともなれば、厳重な体制で、通行止めは当たり前という現代からは想像できないような、珍エピソードが満載な初オリンピック予選会。

コースとなる道路は砂利道だったり、さらには通行人もいれば牛もいる、車も走っていたりと、危ないことこの上なし!
帽子の赤い塗料が雨で流れて顔を真っ赤に染めて走る四三を見て、沿道の人が「誰にやられた!?」と鎌をもって追いかけてくるわの大騒ぎの中、レースが行われます。

もちろんドラマなので脚色されている部分はあると思いますが、実際にあったこんなエピソードも紹介されています。

・徒歩部の野口が、レース中に腹が減って通りがかりの商店のパンを食べた。
・首位を走る小樽水産の佐々木選手と四三が、レース途中に睨み合った。
・審判の三島弥彦がレースに飛び入り参加した。

もし、現代のレースでこんな展開があったら、間違いなく動画が世界に拡散されることでしょう。

東京の壮観な眺めを見よ

昔の日本の風景が毎回楽しめるのも、いだてんの魅力。 

第5話で登場したおすすめの風景をご紹介します。

・羽田運動場のスタート地点のバックには富士山

現代の競技場は観客席に囲まれているので、スタート地点の周囲の風景が見えることはありませんが、当時は富士山を背にスタートできたようです。

・木製の六郷橋

箱根駅伝の通過点となっている六郷橋ですが、当時は木製でとにかく長い! 洪水で流されてしまうことも度々あったそう。

・白く輝く日本橋

今では上に高架橋がかかり、存在感が若干薄くなってしまっている日本橋ですが、当時は東京の中心に、白く輝く立派な橋でした。橋のたもとには船着き場もあり、日本橋から見渡す東京の街は緑も見えて美しいかったようです。

いだてんのキャスト

いだてんの主要キャスト

)出演者 中村勘九郎(金栗四三役)・綾瀬はるか(春野スヤ役)・生田斗真(三島弥彦役)・杉咲花(シマ役)・永山絢斗(野口源三郎役) ・中村獅童(金栗実次役)・役所広司(嘉納治五郎役)・小泉今日子(美津子役)・杉本哲太(永井道明役)・小澤征悦(三島弥太郎役) ・勝地涼(美川秀信)・森山未來(美濃部孝蔵役)・白石加代子(三島和香子役)・ビートたけし(古今亭志ん生役)・神木隆之介(五りん役) ・峯田和伸(清さん役)・満島真之介(吉岡信敬役)・川栄李奈(知恵役)・ピエール瀧(黒坂辛作役)・竹野内豊(大森兵蔵役)・橋本愛(小梅役)・荒川良々(今松役)・松尾スズキ(橘家円喬役)

いだてんのスタッフ

作:宮藤官九郎

音楽:大友良英

題字:横尾忠則

「いだてん」第6話が待ち遠しい! そんな時は第5話 をもう一度見てみよう!

四三がオリンピック予選会を制し、憧れの嘉納治五郎に抱っこしてもらうという夢を叶えた第5話。 次はオリンピック出場! かというと、次回はオリンピック代表選手が全然決まらないという事態に陥るようです。 まだ第5話を見ていない人はもちろん、第5話が待ち切れないという人も、U-NEXTでもう一度いだてんを楽しんじゃいましょう。いつでも好きな時間に好きな場所で、いだてんを視聴することができますよ。