実写版映画『BLEACH』が視聴可能な動画配信サービス情報まとめ!

シリーズ全世界発行部数1億2千万部を記録した、超人気少年漫画「BLEACH」
霊感の強い高校生「一護」が死神として悪霊と戦うアクション作品です。

そんな有名作品が、2018年の夏に実写映画化されました。
『GANTZ』や『図書館戦争』を手掛けた佐藤信介監督が、
再現の難しい本作をCGや特殊メイクの力を使い再現しました!

今回は映画「BLEACH」 のフル動画が視聴できる動画配信サービスのお得な情報をご紹介します!

実写版映画『BLEACH』の動画を視聴可能な動画配信サービス

実写版映画『BLEACH』は、U-NEXTdTVauビデオパスで配信されています。

VOD レンタル料金 無料期間
U-NEXT 500円(税抜)
ポイントで無料
31日間
dTV
SD 400円(税抜)
HD 500円
(税抜)
31日間
auビデオパス
500円(税抜)
ポイントで無料
31日間

この中で、

・無料期間が長い

・無料体験登録時にもらえるポイントでBLEACHが無料で見れる

・作品が視聴できる本数が多い

3つの理由から、「BLEACH」を見るなら”ビデオパス”もしくは”U-NEXT”がオススメです!

実写版映画『BLEACH』の動画が見れるおすすめ動画配信サービス

auビデオパス auユーザーでなくてもok

月額 無料期間 作品数
500円(税抜) 31日間 1万本以上
  • 映画鑑賞が割引に!
  • 料金が格安!
  • 毎月新作レンタル無料!

U-NEXT

月額 無料期間 作品数
1,990円(税抜) 31日間 12万本以上
  • 1990円(税抜)と高く感じるが、1つのアカウントを4人同時にシェアできるので、実質1人あたり500円で利用することができる。
  • 毎月1200円分のポイントが付与されるので、上記と合わせれば実質200円で最安。
  • 作品数が12万本越え、最新作も多く配信されていて作品数はぶっちぎり。少年ジャンプ原作アニメも数多くあり、もちろんアニメ版のBLEACHもあります!

でも、有料じゃないの?

実は動画配信サービスには一定の無料お試し期間があります。

この期間は利用料金が発生せず、見たい動画を見た後でも無料期間内に解約すれば料金を請求されません。

ですので、視聴後は、お試し期間内に解約すれば、無料で見ることができるということです。

さらにU-NEXTとビデオパスでは31日間の無料体験登録時にポイントがもらえます!

上記の動画配信サービスには

・見放題作品
・レンタル作品

の2つが存在します。

「BLEACH」はポイントレンタル作品なので通常は追加料金がかかりますが、無料体験登録時にもらったポイントを使えば無料で視聴することができます!!

無料期間内に解約してしまえば料金もかかりません!

U-NEXTのポイントはマンガや映画館割引にも使える!

U-NEXTではコミックや書籍も読むことができます。この時、「ポイントOK」作品の視聴にポイントを使えます。

またイオンシネマやピカデリー、ユナイテッドシネマなどでも、U-NEXTのポイントを使うことでチケットの割引をうけることができます。

1つのアカウントを4人まで共有できたりするので、そう考えると月額1,990円(税抜)もそんなに高くはないですね!!

※対象作品や対象映画館・割引料金などはU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

実写版映画『BLEACH』のあらすじ

 

幽霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護は、自らを“死神”と名乗る少女・朽木ルキアが目の前に現れ生活が一変します。

「虚〈ホロウ〉」と呼ばれる悪霊が一護の家族を襲い、助けに入ったルキアは瀕死の状態に。絶望的な状況下、彼女は最後の手段として、本来は人間に譲ってはいけない死神の力を一護に分け与えます。

死神となって悪霊・虚〈ホロウ〉を退治した一護ですが、ルキアから与えられた力を返せなくなってしまい、彼女は自身の力が回復するまで、一護のクラスメイトになりすまし、死神代行としての務めを迫りますが、一護は頑なに拒み続けます…。

原作のコミックの1巻から8巻に相当する死神代行篇をベースにストーリが展開していきます!
今後続編として、尸魂界(ソウル・ソサエティ)篇や、破面篇が制作されることにも期待が高まります!

実写版映画『BLEACH』の登場人物キャラクター・キャスト

 黒崎一護:福士蒼汰

主人公。霊が見えることとオレンジ色の髪が特徴の普通の高校生だったが、ある事件をきっかけに「高校生・兼・死神代行」として「虚<ホロウ>」と呼ばれる悪霊と戦うことになります!
人気絶頂のイケメン俳優、福士蒼汰が高校生「黒崎一護」役を演じます!
今話題の人気俳優ということで、原作を知ってる女性ファンも、そうでない方も魅了しています。落ち着いたイメージの強い福士さんですが、アツイ心を持つ一護役も様になっています!

朽木ルキア:杉咲花

悪霊である「虚<ホロウ>」の襲撃に遭った一護を守るために負傷し、場を切り抜けるため自身の死神の力を一護へ半分渡すつもりが、全て吸い取られてしまいます。
子役時代からCMなどで話題の杉咲花さんが、死神の女性「朽木ルキア」役を演じます。
普段のイメージとは異なり、派手なアクションシーンにも挑戦!見どころです!

石田雨竜:吉沢亮

一護のクラスメイトだが、実は死神と対立する「滅却師(クインシー)」という種族の生き残りでもある人物。

井上織姫:真野恵里菜

一護のクラスメイトで、一護に淡い恋心を抱く美少女。

茶渡泰虎:小柳

一護の親友の一人。愛称は「チャド」。口数が少なく、一見すると怖い。

浦原喜助:田辺誠一

「浦原商店」の店主であり、死神代行を務める一護やルキアを援助する謎多き人物。

阿散井恋次:早乙女太一

ルキア同様「死神」を名乗り、死神代行を名乗る一護に対して激しい怒りを見せる。

朽木白哉:MIYAVI

恋次とともに死神の世界「尸魂界(ソウル・ソサエティ)」から現世へやってきた死神。ルキアや恋次よりも高位の死神で、厳格で冷徹な人物。
メイクが非常に力が入っており、再現が難しいと言われた髪形を見事に真似ています!

黒崎真咲:長澤まさみ

一護の母。幼い一護を庇い亡くなる。

黒崎一心:江口洋介

一護の父。男手ひとつで子どもたちを育てる明るい熱血漢。

 

実写版映画『BLEACH』の原作・監督・主題歌紹介

スタッフ

  • 原作 久保帯人「BLEACH」(集英社ジャンプ・コミックス刊)
  • 監督 佐藤信介
  • 脚本 羽原大介
  • 音楽 やまだ豊
  • エグゼクティブプロデューサー : 小岩井宏悦
  • プロデューサー : 和田倉和利
  • 撮影監督 河津太郎
  • 美術監督 : 斎藤岩男
  • 録音 : 横野一氏工
  • 編集 今井剛
  • VFXプロデューサー道木伸隆
  • CGプロデュ::ー: 豊嶋勇作、鈴木伸広
  • VFXスーパーバイザー : 神谷誠、土井淳
  • アクション監督 下村勇二
  • スクリプター : 田口良子

主題歌

  • 主題歌 :「Mosquito Bite」ALEXANDROS
  • 挿入歌 : 「MILK」ALEXANDROS

実写版映画『BLEACH』の魅力とは?

魅力その1.「虚〈ホロウ〉」の再限度の高さ!

「BLEACH」の見どころと言えば何といっても虚たち!
街を破壊し、暴れまわり、そして一護達と戦う重要な存在です。

原作の漫画より、恐ろしく、和の様相を強くするために能面のように凹凸を深く刻み、陰影で表情を作り出しています。

さらに、登場する各「虚」が様々なイメージが追加されています。最初に登場する虚の「フィッシュボーン」は鱗や背びれが付いています。
他の虚たちのモチーフを考えてみるのも非常に面白以下と思います。

魅力その2.迫力のアクションシーン!

そしてもう一つの見どころは、アクションシーン!
死神同士の激しい剣戟や虚との戦闘は、撮影の段階でもかなり力を入れた点の様です。

特に驚きなのが、アクションシーンで、俳優陣はほぼノースタントで撮影しているということです!
福士さんの、もともと高い身体能力と「仮面ライダーフォーゼ」で鍛えられたアクションシーンは必見です。

実写版映画『BLEACH』の感想・評価

基本的にマンガやアニメ原作の作品を実写化した場合、敬遠されがちです。 と言いますのも、原作を知っている方が単に批判する場合もありますが、 マンガやアニメだからこそ出来る表現を、劇映画にそのまま持ってくることは非常に難しく、粗が出やすいことが多いからです。

本作はそういった苦しい状況でありながらも、上手くまとめた作品であると言えます。『GANTZ』や『図書館戦争』といった漫画作品を中心に手掛けた佐藤信介監督だからこそ上手くまとめることが出来た作品と言えます。

それでは、ほかの方の感想もご紹介いたします。

実写版映画『BLEACH』動画配信サービス情報まとめ

実写映画「BLEACH」を見るならU-NEXTとビデオパスがおすすめです!

アニメ版は見放題ですし、実写映画もポイントを使って賢く見れちゃいます。

この機会に是非ご覧になってはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

映像演出専攻の大学生。演出的な観点だけでなく映像技術といった面も研究している。趣味は、アニメや映画の鑑賞、カメラと神社について学ぶこと。 進路が茨の道すぎるが、現実逃避を断行。アニメを視聴し癒されている。

ABOUTこの記事をかいた人

映像演出専攻の大学生。演出的な観点だけでなく映像技術といった面も研究している。趣味は、アニメや映画の鑑賞、カメラと神社について学ぶこと。 進路が茨の道すぎるが、現実逃避を断行。アニメを視聴し癒されている。