映画『パージ』シリーズの動画フルを無料視聴。ネタバレあらすじ考察・感想まとめ

2013年に公開された『パージ』は、12時間だけ全ての犯罪が許されるという、狂った法律が支配するアメリカで生きる人々の恐怖を描いた作品です。歯止めの利かなくなった集団に殺されそうになるという、スリラー・ホラー映画に分類されますが、現代社会を風刺する内容から社会派映画としても評価されています。

賛否両論の内容でしたが、アメリカではカルト的な人気を博し、続編が製作。『パージ』を含めて3作が公開され、4作目の『パージ:エクスペリメント』が2019年6月に日本で公開予定です。

そこで今回は、最新作が公開される『パージ』シリーズを無料で視聴する方法を紹介します。各シリーズのあらすじや、重要キャラクターの紹介、ネタバレありの解説などを行っていきます。ぜひ、ご覧ください。

映画『パージ』シリーズの動画フルを無料視聴できるのはココ!

映画『パージ』シリーズを無料で見るなら、動画配信サービスがおすすめです。

動画配信サービスとは、スマホやタブレットで好きな映画やドラマが視聴できるサービスになります。会員制となっていますが、無料お試し期間中に解約すれば料金を支払わずに楽しめます。動画配信サービスによっては初回特典ポイントもあり、見放題以外の作品も視聴できます。

VOD パージ パージ:アナーキー パージ:大統領令
U-NEXT ×
×
Amazon prime video
hulu × ×
×
dTV


auビデオパス
FOD
×
×
×
Paravi
×
×
×

◎…見放題
◯…無料ポイント
△…課金・レンタル
×…配信なし

上記の表の通り、ビデオパス、Amazon prime video、dTVでは『パージ』シリーズが3作品配信されています。その中でおすすめの動画配信サービスは、見放題が多いdTVになります。

映画『パージ』シリーズ動画フル無料視聴!おすすめ動画配信サービス

【dTV】

月額 無料期間 作品数
500円(税抜) 31日間 12万本以上
  • 月額500円、作品数12万本以上と圧倒的コスパ
  • dTVオリジナルドラマとして、最近話題の実写版『銀魂 ミツバ篇』などのオリジナルドラマも視聴可能

映画『パージ』シリーズ動画フル無料視聴、dailymotionやpandoraなどは危険!

動画配信サービスに登録しないで、映画『パージ』シリーズをdailymotionやpandoraなどの違法サイトで視聴するのは大変危険ですので止めましょう。なぜなら、違法視聴サイトには広告がいくつも貼ってありますが、間違ってクリックしてしまうと悪意あるウィルスに感染するリスクがあります。

ウィルスに感染してしまうと、スマホやパソコン内のデータがネット上に拡散されてしまいます。個人情報がネットに流れれば、貴方だけでなく周りの人にも被害が出てしまう恐れがあります。

そうならないためにも、違法サイトで映画『パージ』シリーズを見ないようにしましょう。

映画『パージ』シリーズのあらすじ

第1作『パージ』のあらすじ

経済が崩壊した未来のアメリカでは、1年に1回、どんな犯罪も合法化される夜=パージが行われるようになった。

夜7時から朝7時までの12時間、全ての警察、消防、医療サービスが停止され、何をしても捕まる事は無かった。パージが導入されると、犯罪や失業率が急速に減っていき、経済状況も改善。全ては好調に思えたが、富裕層のサンディン家はある年のパージで、ホームレス風の男性を匿った事でパージに巻き込まれていき…。

第2作『パージ:アナーキー』のあらすじ

『パージ』の1年後、再びパージが開かれる。反パージ集団が抗議活動をするのを余所に、警察官のレオはパージに備えて武装を整えていた。彼の息子は飲酒運転の事故で死んでしまい、パージを利用して復讐を果たそうとしていた。ところが、偶然遭遇した誘拐事件に関わったせいで、復讐劇は思わぬ方向へと転がっていく。謎の武装勢力や反パージ集団との戦いの中、レオはパージに隠された秘密を知ってしまい…。

第3作『パージ:大統領令』のあらすじ

パージの目的は貧困層を減らす事で犯罪の発生件数を減らし、経済の立て直しを目的とした政府の陰謀だった。18年前のパージで家族を殺されたローン上院議員は、パージ法案を廃止する為に、大統領に立候補していた。ローン議員を疎ましく思う勢力は、パージを利用してローン議員を暗殺するように仕向ける。絶体絶命のローン議員を守るのは、『パージ:アナーキー』の後に警官を止めたレオだった…。

映画『パージ』シリーズのネタバレ考察解説

恐怖の夜が襲ってくる

『パージ』シリーズのアメリカは、「新しいアメリカ建国の父たち」という集団が統治している世界です。いわゆる、全体主義と呼ばれる政治体制を引いており、国民は全員、「父たち」が打ち出した法律や方針に従っています。

普通なら、自由を求めて暴動が起きたり、抗議活動があちこちで起きますが、「父たち」は不満のガス抜きとしてパージを開いています。

パージの参加者は揃いのマスクを被り、武器を片手に日頃の不満を晴らしていきます。マスクを被り、国が許可を与えた事で歯止めの利かなくなった集団は行動が過激となっていき、毎年被害者数が増加していく事態となっています。

『パージ』に出てくるサンディン家は、パージを上手く利用して儲けていた富裕層ですが、ある事をきっかけにパージに巻き込まれていきます。暴走する集団に言葉は通じず、ひたひたと迫ってくる恐怖は臨場感もあって、余計に恐ろしく感じます。そして、最大の恐怖はパージが終わった朝に来ます。

参加者たちはパージの終わりを受け入れると、さっきまでの狂気をひっこめると、昨日までと変わらない良き隣人の姿に戻っていくのです。善良な人でも、奥底にどんな狂気があるのか分からないというメッセージが含まれています。

パージは富裕層がルールを作る

『パージ:アナーキー』では、反パージ集団やパージの裏で暗躍する武装集団などが登場し、『パージ』だけでは語られなったパージの役割やルールが明かされ始めます。特に衝撃的だったのが、パージが貧困層を合法的に減らしていくという政策の一環で、貧困層の減少を加速させる為に政府が新たなルールや部隊を作った部分です。

『パージ』シリーズには青がよく登場します。パージに賛成派の人間はアメリカの国旗と共に青い花を飾り、パージに参加する富裕層の女性は青いドレスを好み、会場には青い花が幾つも飾られています。西洋では青は高貴や富を指す色となっており、パージに加担する側の人間は青をまとう富裕層だと暗示しているのです。

現代においても、ルールを作るのは富裕層や権力を持った政治家で、彼らの作ったルールに貧困層は従うしかありません。『パージ』シリーズは、まさに現代の政治体制や社会体制を風刺する内容となっていると、話題になりました。

シリアスなスリラーに含まれるコメディ

『パージ』シリーズは、シリアスなスリラー映画ですが、所々にコメディシーンが挟み込まれます。例えば、『パージ:大統領令』では、あるお店で万引きをしようとして注意された女子高生が、パージを利用して復讐をしにきます。パージの時は、自分の正体が分からないようにマスクを被っていますが、あまりにも派手な格好で笑ってしまいそうになります。

それでも手には銃を握っており、店員にしてみれば恐怖の対象でしかありません。ふざけた格好をしていますが、数秒後には殺し合いが始まるのかと固唾を飲んでいると、意外な結末で終わってしまいます。このように、パージという夜を舞台に、何でもありなバイオレンスがあり、現代社会を風刺する内容となっており、そしてシリアスな笑いを誘うコメディ要素が含まれている映画です。

映画『パージ』シリーズの登場人物・キャスト

ジェームズ・サンディン (イーサン・ホーク/吹き替え:楠大典)

家族を守る為にパージに立ち向かう男。セキュリティ会社の社長で、パージ対策の仕事を請け負っているうちに富裕層となった。家族を守る為に、最新のセキュリティ対策を施しており、自宅を要塞化していた。しかし、子供が受け入れた男を巡ってパージ参加者と戦う事になってしまう。第1作『パージ』に登場します。

激しいアクションもこなしているのはイーサン・ホークです。『トレーニング デイ』や『6才のボクが、大人になるまで。』でアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど、高い実力と実績を持つ俳優です。

日本語吹き替えを担当したのは楠大典です。数多くのアニメや洋画、海外ドラマの吹き替えを担当しており、『トランスフォーマー』シリーズではブラックコンボイを担当。『スター・ウォーズ』シリーズの2代目ダース・ベイダーを務めている声優です。

メアリー・サンディン (レナ・ヘディ/吹き替え:本田貴子)

View this post on Instagram

 

That’s my girl #Aryastarkaintfuckingabout @maisie_williams

Lena Headeyさん(@iamlenaheadey)がシェアした投稿 –

夫と共に家族を守ろうとする妻。平和な日常を過ごしていたが、パージをきっかけに恐怖の夜に立ち向かう羽目になってしまう。人間の汚い部分や、恐ろしい一面を一番見せつけられた人物。『パージ』に登場します。

物語のラストを締めくくる女性を演じたのは、レナ・ヘディです。イギリスの女優で、映画よりも海外ドラマを中心に活躍しています。『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』 や『ゲーム・オブ・スローンズ』では、主要キャラクターを演じており、話題を集めました。

日本語吹き替えを担当したのは、本田貴子です。洋画や海外ドラマの吹き替えを数多くこなしており、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ハル・ベリー、シャーリーズ・セロンなど、名だたるハリウッド女優の声を担当している声優です。

ホームレスの男/ストレンジャー/ドウェイン・ビショップ エドウィン・ホッジ 杉村憲司

パージに抗う男。『パージ』の時は、参加者に殺されそうになったため、サンディン家に逃げ込んだ。

自分を守ろうとするジェームズやメアリーと肩を並べて戦う。『パージ:アナーキー』では、反パージ集団のメンバーとして活躍。武装集団に拘束されたレオを助けるなどの活躍をします。『パージ:大統領令』では、パージ法案を廃案しようとするローン議員を助けるために活躍します。

『パージ』シリーズに数多く登場するキャラクターを演じているのは、エドウィン・ホッジです。映画よりもドラマに数多く出演しており、『シカゴ・ファイア』や『スリーピー・ホロウ』に出演しています。

レオ・バーンズ (フランク・グリロ/吹き替え:咲野俊介)

View this post on Instagram

 

#fbf I miss playing this degenerate #alveykulina #kingdom. @byronbalasco

Frank Grilloさん(@frankgrillo1)がシェアした投稿 –

子供を殺された警察官。飲酒運転で子供を失っており、パージを利用して復讐を果たそうと計画していたが、武装集団に誘拐されたエヴァ達を見て救出に向かってしまう。武装集団や反パージ集団と遭遇した事で、パージの危険性や復讐の虚しさに気づき、息子を殺した犯人を許す。『パージ:大統領令』では警官を辞め、パージ廃案を行おうとするローン議員を守る警備スタッフとなっている。『パージ:アナーキー』と『パージ:大統領令』に登場します。

2作品に渡って主人公を務めたのは、フランク・グリロです。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でのヴィラン役で注目を集めると、『ダークハウス』や『ステファニー 死体と暮らす少女』などに出演しています。

『パージ:アナーキー』と『パージ:大統領令』で日本語吹き替えを担当したのは、咲野俊介です。イーサン・ホークやパトリック・ウィルソンなどの吹き替えを担当しており、公開未定の『トイ・ストーリー4』ではハム役を任されるなどのベテラン声優です。

エヴァ・サンチェス (カーメン・イジョゴ/斎藤恵理)

パージに巻き込まれた女性。ウェイトレスとして働きながら、親子3人で貧しくても暮らしていたが、パージを利用して貧困層を減らそうとするグループに目を着けられてしまう。娘と一緒に武装集団に誘拐されたところをレオに助けられ、他のメンバーと共にパージを乗り切る為に戦う。『パージ:アナーキー』に登場します。

母親として戦う女性を演じたのは、カーメン・イジョゴです。ドラマを中心に活躍しながらも、『ファンタスティック・ビースト』シリーズや『エイリアン: コヴェナント』などに出演しています。

日本語吹き替えを担当したのは、斎藤恵理です。洋画や海外ドラマの吹き替えを多くこなしており、『CSI』シリーズや『ワールド・ウォーZ』の声を担当しています。

チャーリー・ローン上院議員 – エリザベス・ミッチェル

View this post on Instagram

 

Liz at Comic Con 2016: Dead of Summer shoot by Entertainment Weekly. . { #ElizabethMitchell #deadofsummer }

⠀♡Elizabeth Mitchell♡さん(@officialelizabethmitchell)がシェアした投稿 –

家族をパージで失った女性。パージ廃案を誓って議員となり、遂に大統領選にまで出馬するようになった。ところが、彼女を目障りに思うパージ推進派によってルールが変えられてしまい、パージのターゲットとして狙われるようになる。『パージ:大統領令』に出演しています。

過酷な目に遭いながらも戦おうとする女性を演じているのは、エリザベス・ミッチェルです。主にドラマで活躍する女優で、『LOST』シリーズでメインキャラクターを演じ注目を集めました。『ワンス・アポン・ア・タイム』や『クロッシング・ライン〜ヨーロッパ特別捜査チーム〜』に出演しています。

日本語吹き替えを担当したのは岡寛恵です。キルスティン・ダンストやグウィネス・パルトローなどの吹き替えを担当しており、特にグウィネス・パルトローが演じている『アイアンマン』のペッパー・ポッツは岡寛恵が担当していました。

映画『パージ』シリーズの感想・評価は?

『パージ』シリーズは、賛否両論の内容だけに評価が分かれます。その中で、最も評価の高い『パージ:アナーキー』の感想を紹介します。

“前作よりだいぶ面白くなってます。前作と違い広いエリアで展開されるので動きもあって飽きない。”

Yahoo!映画

『パージ』シリーズの中で、最も評価されているのは『パージ:アナーキー』になります。『パージ』は民家での攻防がずっと続いているため、ストーリーが単調で飽きてしまうという意見がありました。しかし、2作目で街全体を舞台にした事で、ストーリーに変化が起き、アクションも派手になりました。

“ある一夜のお話というのがシンプルでよろしい。巡り合わせで偶然出会った5人の人間模様に、ある種の趣のような深みはないが、とにかく<逃げる・逃げる・逃げる>が映画的で面白い。”

Yahoo!映画

『パージ』と違い、『パージ:アナーキー』で行動を共にする5人は、偶然出会った者達です。そのため、彼らの目的や行動する理由は違っていますが、生きるという前提は一緒になっています。このように、見ず知らずのメンバーが困難を前にして協力する映画は、見ごたえがあります。

“シリーズ初見、なかなか面白かったです。”

Yahoo!映画

『パージ:アナーキー』は『パージ』を見ていなくても十分楽しめる作品となっています。基本的に、登場人物は1人を除いて変わっており、ストーリーも繋がっていません。冒頭でパージに関する説明が入るため、『パージ:アナーキー』から入っても楽しめます。

映画『パージ』シリーズ動画を無料で見るなら動画配信サービス

映画『パージ』シリーズを無料で見るなら、dTVがおすすめです。

動画配信サービスでは、『パージ』以外のスリラー・ホラー映画やドラマが多数配信されています。中には、動画配信サービス限定のコンテンツもあります。

この機会に、映画やドラマを堪能しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

映画・漫画・アニメ・ドラマの最新情報をお届け!

ABOUTこの記事をかいた人

映画・漫画・アニメ・ドラマの最新情報をお届け!